7つの日本技術産業グループ、巨大技術企業規制法案支援アプリ競争促進のための法案

1 min read
ロイター資料写真
アップルのロゴは、2019年12月17日、カリフォルニア州ラホーヤにあるショッピングモールのAppleストアの上に表示されます。

日本内のアプリ開発者など情報技術産業関連の7つの機関が、スマートフォンソフトウェア分野の競争を奨励するために、アップル、グーグルなど巨大技術企業に規制を加える法案を支持する共同声明を発表した。

声明は、基本的なスマートフォンソフトウェアとアプリ市場を掌握している巨大技術企業が自分たちの利益を優先し、過剰な手数料を課していることを根拠に法案通過を促しています。

日本の技術企業は米国の巨大技術企業に比べて弱い位置にあり、関連団体が共同で批判する場合はごくまれです。

予想される新しい法律は、Appleがアプリマーケットプレイスを他の企業に公開することを要求し、アプリディストリビュータに対する不当で差別的な扱いを禁止します。

モバイルコンテンツフォーラム(Mobile Content Forum)とコンピュータエンターテイメントサプライヤー協会(Computer Entertainment Supply's Association)は、この法案の支持を表明する2つの組織です。 7つの組織は、主要な技術企業、ビデオゲーム企業、アプリを配布するソフトウェア開発者を含む550以上の企業で構成されています。

READ  Galaxy S20 Fan Edition発表した。 高性能と高コスパの「もう一つのフラッグシップ " - Engadget日本版
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours