7年後、日本の動物園はオスカバが実際に雌であるという事実を発見しました。

Estimated read time 1 min read


シンシナティ動物園のカバフィオナが7歳になりました

日本の大阪天王寺動物園は、7年前に源ちゃんという名前のカバを養子にしたとき、その幼い動物がオスという言葉を聞きました。 最近DNA検査を行った結果、その哺乳動物が実際に雌であることが明らかになりました。

自分のウェブサイトに投稿動物園側はゲンちゃんが2017年メキシコアフリカのサファリから動物園に来たと明らかにした。 彼らがカバを連れてきたとき、メキシコ動物園の関係者と移籍書類の両方がカバが男性だったと天王寺動物園は明らかにした。

日本の動物園が発見した投稿を翻訳すると、「その動物は当時、わずか5歳で、まだ幼い子供だった」と書かれている。 「私たちは疑いの余地がなかった」

大阪天王寺の飼育士たちは、玄ちゃんがオスカバに関連する典型的な行動を示さないことに気づいた。 例えば、オスカバの最も一般的な行動の1つは、自分の領域を表示するために排便をしながらプロペラのような動作で尾を振り回すことで、ゲンちゃんはそうしなかったと飼育士たちがAFPに語った。 カバはまた、女性に求愛を求めることに失敗し、管理人は男性の生殖器を決して識別することができませんでした。

その後、彼らは何が起こっているのかを調べるためにDNAテストを注文することにしました。 そして彼女の性別は文書によって変わりますが、12歳のカバの名前は変わらないと関係者たちは言いました。

同記事の翻訳文には「我々は導入された動物の性別を再確認することが重要であることを認識しており、このようなことが再び発生しないように予防措置を取る」と書かれている。 「今後も健ちゃんに快適な環境を提供するよう努めてまいります」

READ  日本のIntegricultureは、培養肉のコストを削減するために共培養技術を推進しています。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours