7月末に日本で開かれる世界選手権大会を控えてシンガポールで訓練するアメリカ水泳選手たち

Estimated read time 1 min read

シンガポール – スターでいっぱいのアメリカのスイミングチームが、世界の水泳選手権大会のために福岡への旅に出る前の訓練のために7月にシンガポールにいる予定です。

7月23-30日の大会に先立ち、22人の女子水泳選手と26人の男子水泳選手の両方が、7月15日午前8時30分から午後1時までOCBC Aquatic Centreで開かれる公開会議に参加します。

女子ロースターで最も有名な選手には7つのオリンピックタイトルがあり、19の世界選手権の金メダル、100mの平野世界記録ホルダーLilly King、背泳ぎの専門家Regan Smithを追加したいKatie Ledeckyがあります。

ファンは、マイケル・フェルプス以来、アメリカのワールドチームに進出した最年少男子選手である16歳の接合専門家であるトーマス・ヘイルマンを通じて、アメリカの水泳の未来を垣間見ることができます。

しかし先週、インディアナポリスで開かれた米国水泳選手権大会で8ヶ月ぶりに復帰した7回オリンピックチャンピオン・ケイロップ・ドレッセルは日本大会に出場できず、不参加になった。

米国チームは、2019年に韓国広州で開かれる世界選手権大会を控えて訓練するために最後にシンガポールにいました。 2022年のブダペスト大会では、彼らは18の金メダルでランキング1位を獲得しました。

7月15日のイベントに興味のある方は登録できます。 https://forms.gle/Nuh7UiBLDraedwwz7

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 井上出や、最新タイトルクエストで名声をかける
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours