トップニュース

70歳の日本とイスラエルの関係:障害物と機会

日本軍とイスラエル軍司令官の小司山崎(Kōji Kōji Yamazaki)将軍とアビブ・コチャビ(Aviv Kochavi)の中将がテルアビブのIDF本部で会っている。 写真:IDF。

JNS.org – 来年、日本とイスラエルは、このユニークな2つの民主主義国家間の関係が確立されてから70年という重要なマイルストーンに達します。 その間、両国は第二次世界大戦後の不確実な時期に途方もない進展を遂げました。 今日、21世紀に、彼らはどちらも技術的に最も先進的な民主主義国の一つです。

何十年もの間、日本人とユダヤ人の間の理解と友情を促進するために努力してきた二人として、私たちは今年の記念日を大きな期待をもって始めます。

私たちの一人は、ホロコースト、ユダヤ人の歴史、イスラエルに対する認識を高め、日本人を教育するために1980年代から日本で関係を築いてきました。 もう一つは、25年以上にわたり、日本の聴衆のためにホロコーストとユダヤ人に関する本や記事を書いて翻訳してきました。

日本を何度も旅行しました。 日本政府の管理と日本の駐在イスラエルとアメリカ大使に会った。 そしてメディアに言った。

関連保証

2021年12月28日午後2時37分

最近、 興味深い記事 私たちの注目を集めました。 それは日本とイスラエルがアメリカと強力な新しい同盟を結ぶことができることを示唆しました。 これは追求する価値がある素晴らしいビジョンです。

しかし、私たちは、日本がより緊密な絆を支持する人々を大きく失望させたイスラエルに対する長い立場を先に解決することが緊急だと思います。

新しい同盟構築の障害物

数ヶ月前、私たちは 日本の社説、バンイスラエルダーバン会議の20周年を記念する日本のボイコットを促します。 残念ながら、日本は他のすべてのG7加盟国を含む37の主要国に参加せず、憎しみに満ちた反ユダヤ主義会議の記念日のイベントに参加しました。

それから12月1日、日本が国連総会でソロモン王の古代聖地(テンプル山)があった席をイスラム教専用遺跡地と言及した決議案を賛成投票したというニュースを聞いて衝撃を受けました。 米国や他の民主主義国家は、これらの動きを非難し、国連がイスラエルとパレスチナの紛争を解決するために肯定的な役割を果たすという信頼を毀損する決議の承認を拒否しました。 さらに、多くのイスラエル人は、誇り高い古代民族である日本と過去を熱烈に尊敬し保護する文化が、ユダヤ民族が3,500年の歴史を保護し、記念する権利をそれほど冷胆に否定するという事実を信じていませんでした。

国連近東パレスチナ難民機構(UNRWA)問題に対する日本の沈黙はまた別の懸念だ。 他のドナーを含む他の多くの団体がUNRWAの腐敗と憎悪教育を批判する声を高めています。

日本も直接 パレスチナ自治政府の支援 イスラエルに対してテロ行為を犯したパレスチナ人やテロリストの死亡した家族に毎月給与を提供する彼らの「殉教者基金」を公に非難することに失敗しました。 「死への支払い」計画として知られている米国は、PAがそのような給料の支払いを中止するまで、PAに対する経済的支援を中止する方法を制定しました。

また、ハマスのようなテロ組織がイランのアヤトラアリハメネイ政権の支援を受けているという事実もよく知られています。 この政権は、公的にユダヤ国家を抹殺すると誓った政権です。 しかし日本はイランと「歴史的に友好的な関係」を維持している。

最後に、日本の政治および社会分野で繰り返される事件があり、衝撃的な無知が明らかになりました。 特にナチスとナチスのシンボルへの不適切な言及をして、後期のファシストやナチスとサムに乗るまでしました。 そのような残念な出来事でさえ 2020年東京オリンピック開幕を妨げると脅した。 そして何人かの日本の政治家たちの評判を汚した。

パートナーシップの機会

しかし、良いニュースは、日本とイスラエルの合弁事業が史上最高値を記録しているということです。 イスラエルはもはや日本に遠く離れていない場所ではなく、経済分野の真のパートナーです。 共有された民主的価値と技術中心の経済を通じて、2つの国、または米国を含む同盟の間に強力な同盟を形成することによって得られることが多いです。

しかし、日本が本当にそのような同盟を形成することを望むならば、日本政府は日本が実際にイスラエルとアメリカと同じ価値を共有していることを示さなければならないと思います。 そうでなければ、日本は経済的利益だけを得ようとするように見えますが、政治的にはイスラエルの存在自体を直接的に脅かすような方法で行動し続けます。

同盟は信頼に基づいて構築されなければなりません。

真の同盟達成のためのロードマップ

真の同盟構築を始めるには、日本がイスラエルに対して繰り返し取った立場を取り戻すために、次の4つの事前措置を取ることをお勧めします。

まず、日本は国連に対する古くて旧時代的な立場を取り戻さなければならない。 国連機関、特に人権理事会がユダヤ国家を連続的に攻撃するというのは秘密ではありません。 明らかな反ユダヤ主義に近いこの無謀な行動は、日本のような影響力のある国家が他の民主主義国家と同盟を結び、「反対」として投票すれば、結局変わります。

第二に、 UNRWAの主な寄付者 財政的違法行為からパレスチナ人の子供たちに与えられる露骨な反平和教育過程に至るまで、あらゆる分野でかなりの改革と透明性を要求することによって。

第三に、日本が米国やイスラエルと同じ価値を共有していると主張するには、イスラエルに対する暴力を奨励する殉教者基金による支払いの中止に対するPAに対する直接的な支援を条件とする必要があります。

第四に、日本政府が国際ホロコースト追悼連合(International Holocaust Remembrance Alliance、IHRA)の反ユダヤ主義の定義を採用し、その例を指針に従わなければならない時期が過ぎました。 世界的に反ユダヤ主義の出来事が大幅に増加し、IHRAの定義は昨年8月にアジア諸国の中で初めて韓国をはじめとする主要民主主義国家で採択されました。

これらの措置は、両国間の強力な同盟のための適切な基盤を確立します。

最後に、両政府は緊密に協力し、アラブ/イスラム教徒の世界とその上でアブラハム協定を深め、拡大できると信じています。 この努力はまた、伝統的にイスラエルとオーストラリアの間の緊密な関係と最近繁栄しているイスラエルとインドの関係を考慮すると、日本の最優先外交政策である「自由で開かれたインド太平洋」を発展させるでしょう。

2022年の新しい同盟構築

私たちは日本の英雄が一人いることを知っています。 チュウネスギハラ70周年が私たちの民族間の新しいレベルの協力に拍車をかけるならば、誰が天から笑うでしょうか。 彼はホロコーストの間にユダヤ人が最も切実に必要なときに彼らを助けました。 彼は傍観を拒否し、何千人ものユダヤ人を死から救った。

私たちは、日本が上記のロードマップによれば、多くを得ることができると信じています。 日本は、日本、イスラエル、アメリカの間に新しくダイナミックな同盟を構築する機会があります。 そうすることで、日本は他の多くの民主主義国家と協力するだけでなく、同様の価値を共有する旧/新国家であるイスラエルとパートナー関係を結びながら、自身の政治的およびビジネス目標を拡大します。 実際、これらの影響力のある民主主義国家の間に新しい同盟を構築することは、これらの国家と世界に有望な新しい時代を示すことができます。

ラビ Abraham Cooper は Simon Wiesenthal Center の副学長であり、グローバル社会活動の取締役です。 彼は1980年代から日本を頻繁に訪れました。 Twitter @simonwiesenthalフォロー

Kinue Tokudomeは日本の作家であり翻訳者です。 彼女の過去の著書には、「記憶する勇気:ホロコーストへのインタビュー」、ラウル・ヒルベルグの回顧録「記憶の政治」、ラビ・カルマン・サムエルズの回顧録「Dreams Never Dreamed」などがあります。 Twitter @JewsandJapanフォロー

READ  ITZY、日本オリコン上半期最多販売新人アーティストに選定

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close