理科

80囲碁キャンペーンは、高齢者がどのように活動的で健康的に保つかを提案します。

日本最大の学術医療協会は、他の医療提供者、福祉機関職員および教育者と協力して、80歳以上の高齢者を健康かつ独立して維持する方法を探しています。

日本医学連盟会長の森戸門電は4月1日、記者会見で「社会が灰色になり、多様な年齢関連問題が病気の発症を招く可能性がある」と話した。

連盟は、高齢者の間で老化関連の脆弱性と機関車症候群を予防し、健康な寿命を延ばすために設計された80囲碁キャンペーンの声明を発表しました。

この声明は、国立高齢者医学センターなどの機関の研究結果を引用し、80歳の人々は10秒以内に11メートルを歩くことができなければならないと明らかにしました。

できない人は10年以内に看護が必要になるでしょう。

80台の活動を継続するのを助けるために、80囲碁ドライブが提案されました。

老衰は病気に対する抵抗力が低下し、身体的、精神的能力が低下した状態です。 機関車症候群は、関節や他の臓器が損傷して移動性が低下することです。

これらの状態は、他の障害の進行と組み合わせて、高齢者に多くの問題を引き起こす可能性があります。 虚弱で機関車症候群のある人は、看護が必要な可能性が4倍高いと言われています。

Monden氏は、「私たちは様々な分野の人々と協力して、脆弱性と機関車症候群を解決します」と述べた。

声明によると、この問題は健康的な食事の習慣や運動でバイパスまたは軽減することができます。

連盟は、人々の若い年齢でスポーツと健康的な食生活が後で老化と機関車症候群を克服するために重要であると付け加えた。

声明は連盟に所属する57の学会と学界など23の非会員団体の名前で出てきた。

READ  St. Olaf卒業生、国際平和のためのCarnegie EndowmentのGaither Junior Fellow - St. Olaf College

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close