世界

85人の死者を出す史上最悪の山火事の原因となった送電線のは「どこ壊れていた」のか? – GIGAZINE

メモ



2018年11月に米国カリフォルニア州で発生した山火事は、85人の死者を出したカリフォルニア州史上最大の規模の山火事でした。 山火事の火種は送電線であったことが判明していており、ヴィンテージハードウェア情報を伝達チューブ時間氏が当時の写真を交えながら火種を詳しく説明しています。


山火事が発生した後、2018年11月11日に撮影された送電塔の写真。 一見するとこの賞ないようですが……


高圧線と鉄塔を絶縁するための碍子が一つ脱落ます。


本来ならば、左右の外史は、同じ高さに設置されている。


外史を支えているのは、 “Cリング」と呼ばれる部品のこと。


これ脱落したが、石を支えていたCフックのイメージ。 フック部分が分断しています。


フックの断面を観察すると、黒い線で囲まれた部分は、錆が発生します。 また、赤色の線に沿って碍子がフックを引いた跡も見られ、長い間維持管理が行われなかったことを知ることができます。


が低下しているが、分断には至っていないCフックのイメージです。 本来は分断に至る前に、フックを交換するが、事故の原因となったCフックは交換されず、耐摩耗いった結果、分断してしまいました。


C環が切断され、優が脱落したもので、11万5000ボルトのも電圧がかかっている高圧線と鉄塔が短い。 高温高圧線この地に散らばっ山火事の火種となった。


山火事発生当日は非常に空気が乾燥して風も強かったので、あっという間に火が広がったという。


火1分、東京ドーム2個分の森林を消失させることが勢いで燃え広がり、85人の死者を出すカリフォルニア史上最悪の山火事になりました。


Cフックの維持管理が行われていなかった期間は、鉄塔を管理していた米国の電力・ガス会社、大企業のパシフィックガスアンドエレクトリック・カンパニー(PG&E)この記録を残していないので不明ですが、FBIが調査した結果、C、フックの材料が強引判明しました。 最近100年の間に製造されたCフックは真鍮は使用されていないこと。

山火事の原因となったCフックはいずれかの時点で、以下のブラケットで更新されたLブラケットに移動させることができるので、PG&E側が問題を認識してイトオトウルワTube Time氏は推測します。 PG&Eは、定期的な点検が法的に義務付けられているが、2000年以前の記録がないため、検査が行われた時期は不明です。


PG&Eは、2019年12月135億ドル(約1兆4600億ウォン)の損害賠償金を支払うことにより、山火事の被害者と和解。 また、2019年に申請した連邦破産法第11章で、現在は外れています。

また、ソーシャルニュースサイトハッカーニュースのコメントは、「PG&Eは確かに責任があるが、山火事が発生した地域は、緑豊かな乾燥地帯である点を勘案すれば、山火事の被害をすべてPG&Eの責任にするのは難しい」告げる意見など山火事を起こした責任の所在についての議論が行われています。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  新型コロナウイルス「米国大統領選挙戦の実用化」が得る| AnswersNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close