トップニュース

87人の学生が日本に入国し、147,000人がまだ待っています。

政府が厳しい国境統制に対する些細な例外を発表した後、国営奨学金を受けた87人の留学生が日本に入国する許可を受けました。
しかし、自分の教育に資金を提供する何万人もの人々は、いつ入学が許可されるかはまだわかりません。

「忘れられた感じ」

月曜日の発表は、日本で勉強を始めるために最大2年を待ってきた約147,000人の学生たちに失望したものでした。

彼らのほとんどは、大学や語学学校に登録金を自分で支払っています。

ブラジルのBeatriz Reganassi Okumuraは「日本が私たちを忘れたようで、確かに裏切りを感じて捨てられたと思います」と言います。 「ただ87人が入ってきたとは信じません。」

10月に日本語学校に入学した26歳の彼女は日本に入国することができず、オンラインで授業を聞くしかありませんでした。

日本とブラジルは12時間の時差があり、夜明け1時まで授業をしている。 彼女は肉体的にも精神的にも大変だという。

Beatriz Reganassi Okumuraは、日本政府がより多くの学生に国境を開放する時期のスケジュールを提供しないことに怒っています。

レガナシ沖村は遠隔コースの登録金全額を支払っています。 彼女は4月に始まる次の学期まで日本に入国できなければ自退すると言った。

「本当に行きたいからまだ希望があります。 [to Japan]。 しかし、期待は本当に低いです。 日本は、より低い意思決定で私たちを驚かせ続けていますが、よくわかりません。

特別な状況

松野博和日本官房長官は11日、政府奨学金を受けた87人の学生に対して「公益と緊急性を考慮して入国を許可した」と明らかにした。

松野氏は、生徒は学年が1年も残っておらず、必須科目を満たすためには教室にいる必要があると語った。

この発表は大学生のAzan Akbarにもショックでした。 パキスタンから来た24歳の彼は1年以上ビザを待っている。

彼は東京国際大学に入学することができてとても嬉しかったし、家族で初めて学位を取得し、海外で勉強することを希望しました。 しかし、彼はこの夢が失望に変わったと言います。

Akbarはオンラインで授業を受けていますが、日本の学生の要件を満たしていないため、奨学金を受け取ることができませんでした。

アクバールは「この差別を予想していませんでした」と私はそれほど重要ではないという劣等感が私に植えられました。 [than government-sponsored students]」

アザン・アクバル
パキスタンの学生Azan Akbarは、政府の決定が「差別」であると述べた。

学界の心配

数ヶ月または数年の待ち時間の終わりに、多くの学生が日本留学を放棄し始めました。 これは大学と語学院のより大きな関心事となっています。

国境措置のため、東京大学の1,100人以上の留学生が入国できませんでした。

同大学の教授であり、グローバルキャンパスイニシアチブ副局長のYaguchi Yujinは、今回の措置が一幹希望を提示すると述べた。 しかし、彼は政府がはるかに開放する必要があると付け加えた。

Yaguchiは、「重要なことは、私たちがここで止まらないことです。

「87人の生徒が入ることができますが、とても欠けています。みんなに入れなければなりません。」

その他の例外リクエスト

政府は、個別により多くの免除を許可することを検討すると述べています。

日本語学校運営者グループは私立学生、特に4月に学校や大学に登録する計画であり、入学試験を受けなければならない学生のために教育部にロビーをしています。

空の語学学校
語学院は、政府が迅速な措置を講じなければ、学生を失う危険があると言います。

日本語学校を代表する6つの協会グループの森下明子(Morishita Akiko)の関係者は、教育資金がどのように支援されても、学生は皆同じ時間制限に直面していると言います。

Morishitaは次の学期の始まりに言及し、「多くの学生に3月末が締め切りです」と言います。

彼女は「早く動かなければ、より多くの学生を失う可能性がある」と付け加えた。

動画も視聴してください(03:07)
2022年1月18日

コロナウイルスアップデート
READ  日本の2021年を苦しめる5兆ドル規模のモンスター

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close