88年の待ちの終わりに、日本がついに中国を破り、Window 1 – FIBA​​アジアカップ2025予選を席巻しました。

Estimated read time 1 min read

東京(日本) – 日本は日曜日有明コリセウムで開かれたFIBAアジアカップ2025予選1次戦でついに中国を76-73に破って歴史本を書き直しました。

絶え間ない支持を送るホームファンに支えられ、チームは遅い出発を勝ち抜き、中間クォーターで先頭を占め、最初に主要国際バスケットボール大会で中国に勝つ過程で後半逆転の試みを防いだ。 ほぼ90年で。

日本が大陸競争者を最後に破ったのは、1936年ドイツベルリン夏季オリンピックで35-19判定勝利で勝利したことです。

ゲームヒーロー: ババ・ユダイはアークを越えて4/6クリップを含め、60%フィールドゴールシューティングで24得点、4リバウンド、2アシスト、1スチールを記録し、歴史的な勝利を収めました。 2-0記録。

ジョシュ・ホーキンソンは去る木曜日77-56で勝利したグアムとの初戦で新人ジョシュ・ハレルソンと一緒にした後、トム・ホバス監督が熟練したビッグマンをライバル関係に活用しながら、14得点13リバウンドのダブルダブルを記録しました。

川村由紀は12得点、4リバウンド、3アシストを提供した。

転換点: 14-3に遅れた後、試合を始めた日本は粘り強く赤字から回復し、結局2クォーター後半に先頭を占めました。 しかし、次のフレームになってから、Togashiが2分10秒の時間を置いて55-46にリードを押しながら、彼らが永遠に先に進むようになりました。

しかし、その後は決して簡単なことではありませんでした。 井上総一郎が1分25秒を残して試合を終える機会を得たが、ラインから0/3に外れた。 しかし、中国はターンオーバーを犯した。

チームが弾丸を避けたと思ったときと同様に、相手チームは引き続き戻り、Cheng Shuaipenは深いところで切迫した突撃を切り替えて2点以内に入った。

平島誠が6.6秒を残してファウルシュートを飛ばした時もドアは開いていたが、中国は時間が経つとゲームを結ぶことができるトレイを逃した。

統計は嘘をつかない: Babaは27の効率を記録しましたが、これは現在までFIBAコンテストで得られた最高記録です。

彼らは言った: 「それは私たちにとって大変な勝利でした。私は、ゲームが終わった後、テーマに本当にレベルの高いチームを相手にしたこのタイプの勝利が、みんなの自信を少し高めてくれると言いました。これは私たちが今経験しているプロセスの一段階です。それは私たちの目標に向かって大きな足を踏み入れました。彼は今日3点を打った。後、私たちにとってはかなり甘い勝利です。」 – Tom Hovasse、日本のシニアコーチ

「私たちの最初の勝利だった。 [against China] 88年ぶりにコーチ様の言葉通り今日はすごい勝利でした。 この試合の利点の1つは、試合中に40分間身体的に戦うことができたことです。」 – Yudai Baba, 日本

「彼らはホームコートを利用した。彼らはゲームの特定の瞬間に攻撃性を強制した。チャンスがありました.ある治療法が見つかりませんでした。問題は苦労しており、私たちは継続的に努力し、この若いチームに経験を提供するための道を進んでいます。 – Aleksandar Djordjevic、チーフコーチ、中国

FIBA

READ  南北戦争を背景にした最高の映画50編| おもてなし
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours