スポーツ

9月10日、インディアンスポーツラボ

ゴルフ

アゼテ市70打、日本新韓東海ゴルフで31位に墜落

インドゴルファーのAjeetesh Sandhuが土曜日に日本で開かれた第38回新韓東海オープンで開かれた3ラウンド1アンダー波71打を打って梯子で滑った。

2ラウンド以降共同13位だった山頭は現在共同31位だ。

カットに成功した他のインディアンShiv Kapurも1アンダー70打を打ってT-60からT-65に落ちました。

Sandhuは3つのビューに対して4つのバディを、Kapurは2つのビューに対して3つのバディを記録しました。

タイのTirawat Kaewsiribanditは、5アンダーウェイ66打を打ち、3ラウンドで3打車で首位を守りました。 プロのキャリア12年の中で最高のゴルフをして大会で19アンダー波を記録しました。 今シーズン2番目に低い54ホールだ。

PGAツアーで3勝を収めた韓国のキム・シウ選手が67打を打ち、ソロ2位を記録した。

カナダの信用区と韓国のイ・サンヒはいずれも66砲を返した。

Tirawatは一組の崇高な64sのおかげで最初の2ラウンドをリードし、土曜日にも同じ印象的な方法で始めました。

比較的知られていませんが、Tirawatはパキスタンで開催された2018 UMA CNS Open Golf Championshipでアジアツアーで優勝しました。 その1年前、アジア開発ツアーベタグロでオールタイチャンピオンシップでも優勝しました。

世界ランキング75位のキム・シウが日曜日、彼の最大の脅威になるだろう。

マレーシアのBen Leongは、今日の共同最高ラウンドである65打を記録し、先頭に6位遅れています。

米国のトッドバッグと日本の木下涼介は全部で66打を記録し、日本の東和月(現在日本ゴルフツアー1位)は70打で5位を記録した。

Amandeepはリーダーより3打遅れています。 スイスのディクシャ、ヴァニT-17

インドのAmandeep Drallは、ここで開かれたVP Bank Swiss Ladies Openゴルフトーナメントでイーグルを含む1アンダー71打を打ち、共同9位に滞在しました。

Amandeepは、6アンダー波の3打車で先頭のイングランドのLiz Youngに遅れていた。

一方、Vani KapoorとDiksha Dagarは36ホールの終わりにT-17でレディースユーロピオンツアーイベントで10位圏に入っています。

Tvesa Malikは2アンダー波70打を記録し、非常に快適にカットを通過しました。 36ホール2アンダー波共同25位だ。

しかし、Ridhima Dilawari(76-72)とNeha Tripathi(77-74)は、1オーバー波に陥る可能性のあるカットを見逃すことは確実でした。

1ラウンド5アンダー67打を記録したアマンディップは前方9つから9つの連続波で2ラウンドを始めた。

それから彼女はパー5の10番ホールでイーグルを捕まえましたが、後でパー4の13番ホールでショットを落とし、残りは71打を記録しました。

Dikshaは強固な2ラウンドに向けた準備を見せ、10位以後2ラウンドから3アンダー波で6位に上がった。 パー4 14番ホールで切ないトリプルビューで地面をたくさん失ったが、15番ホールでバディを71打で仕上げて小さな報酬だった。 3アンダー波17打。

Vaniは71で2つのビューに対して3つのバディを記録しました。 彼女はそれを取り戻し、大会当日2アンダー波と2アンダー波を記録しました。

イングランドのYoungは2日目のGolfpark Holzhäusernで67(-5)打った。

1ラウンドは金曜日の朝にのみ完了し、2ラウンドも金曜日の夜に完了していません。 5つのグループはまだ2回目のラウンドを完了する必要があります。

しかし1ラウンド68打(-4打)、ビュー67打につながったヤングは9アンダー波で先頭に上がる良い日だった。

Amandeepは、3つのホールが残っているフィンランドのKarina Kukkonenと共同で9位です。

-PTI

Aditiは第1ラウンド68に70を追加し、Kroger Queen ChampsのT-15にあります。

インドゴルファーのAditi Ashokは、2ラウンドでバディ5個を投げた後、3つを2アンダー波70打で70分ぶりにクロガークイーンチャンピオンシップで共同15位を記録した。

Aditiは一見のない最初のラウンドとほぼ同じプレーをしましたが、結果は多少異なりました。

アディティは1ラウンドでバディ4個と見せずに4アンダー波68打を打った。

2ラウンドの間に6アンダー波を記録したAditiは、現在LPGAツアーがシーズンの最後の四半期に入って共同15位です。

アディティ2ラウンドのハイライトは、2、9位のバディに続き、12位から14位までのバディのハットトリックだった。

彼女はパー5 4番ホール、パー3 8番ホールでショットを落とし、最後にパー4 18番ホールで見た。

1ラウンドで、アディティはバディ2、5、9、12位を記録した。

今シーズンのAditiの最高の仕上げは、1月にボカリオで開催されたGainbridge LPGAでT-13でした。

今週は去る6回の選抜登板で5回のカットを逃したアディティにとって安堵の瞬間だったでしょう。

1ラウンドリーダーのXiyu Linは、見えない9アンダー63打を打ったパートナーイ・ジョンウンの素敵な2ラウンドを目撃しました。 ハイライトは7-10ホールで4連続バディでした。 彼女はまた、LPGAツアーで2番目に低い共同ラウンド記録を立てた。

Leeと共にプレイした18ホールのリーダーLinは、見えない4アンダー68打でオープニング64打を防ぎ、12アンダーで1打を記録しました。 彼女の二日の合計は132です。

合計76人の選手が1アンダー波でカットを通過した。

-PTI

テニス

チェンナイオープン1ラウンドでアンキータ・レイナがウィンブルドン準決勝進出者、タザナ・マリアを破った。

インドの絶食選手であるAnkita Rainaは、月曜日から始まるChennai Open WTA 250テニストーナメント絶食本選対戦1ラウンドで、4位のドイツのTatjana Mariaと対戦します。

Rainaは、第1ラウンドでフランスの8番目のシードであるChloe Paquetに会うために抽選された2位のシングルプレイヤーKarman Kaur Thandiと一緒にワイルドカードで本選の対戦票を獲得しました。

チェンナイで初めて開かれるWTAトーナメントの抽選会が土曜日の午後、ここで開催され、世界ランキング29位のアリソン・リスケ・アムリトラジ(アメリカ)が第1ラウンドでアナスタシア・ガスノヴァを相手にしました。

2位のVarvara Grachevaは予選を開始し、3位のMagda Linette(ポーランド)は、日本の桃山之島との試合で始まります。

インド1位のアンキータ(8月29日基準139位)は最近、英国で開かれたITFトーナメント決勝戦で敗れた。 彼女は7月、ウィンブルドンでWTAランキング85位で準決勝に進出した2人の子供の母親である35歳のドイツ人マリアと対決を控えている。

一方、ランキング365位のタンディはランキング111位のパーケットに会って視聴率格差を勘案する際に強力な活躍を繰り広げる。

元ウィンブルドン決勝進出者であるカナダのEugenie Bouchardがチェンナイオープンシングルでワイルドカードを受けた後、復帰戦でスイスのJoanne Zugerと開幕戦を行います。

彼女は、特にフォームの良いCaroline Garciaが撤退した後、トーナメントで大きな引き分けを記録すると予想されます。

国際テニスアクションがWTAトーナメントと共に5年以上で都市に戻ります。 世界ランキング17位のフランス女子ガルシアとベルギーのエリス・メルテンスがそれぞれ一定の問題と怪我で棄権し、この大会は2人のトップクラス選手を失いました。

主な1ラウンドマッチ:

Alison Riske-Amritraj(X1) vs Anastasia Gasanova, Qiang Wang(X6, 中国) vs Yanina Wickmayer, Magda Linette(X3) vs Moyuka Uchijima, Rebecca Marino(X7, カナダ) vs Anna Blinkova, Chloe Paquet(X8) vs Karman Kaur Thandi, Tatjana Maria(X4) vs Ankita Raina, Rebecca Peterson(X5, スウェーデン) vs Victoria Jimenez Kasintseva, Varvara Gracheva(X2) vs Qualifier.

-PTI

テニス

シェカール、AITA車いすテニス大会優勝登録のカムバック

2番目のシードV Shekarは3番目のシードK. Karthik 4-6、6-4、 [10-2] 土曜日のDLTAコンプレックスで開催されたAITA車いすテニス大会決勝戦。

決勝戦でKarthikが5-0に上がったが、Shekarはリズムに合わせて試合の流れをリードした。

Shekarは後でS Balachandarと協力してD MariappanとK Karthikを6-4、6-3に破ってダブルスタイトルを獲得することができました。

女子タイトルは、N PrathimaがMK Mubinaを6-0、6-1で破り、優勝した。

結果(決勝):

男性: V Shekar bt K Karthik 4-6, 6-4, [10-2]。

ダブルス: S Balachandar & V Shekar bt D Mariappan & K Karthik 6-4, 6-3.

女性: Nプラチマbt MKムービーナ6-0、6-1。

– カメシスリニバ山

READ  ハリー・ケウェル、アンティ・ポステコグロのコーチングスタッフに加わり、以前のコーチング記録、Socceroos、最新、スコティッシュ・プレミアシップ、アップデート

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close