94人の命を奪った日本地震で崩れた家で生存者が発見された。 まだ数十人が行方不明になった

1 min read

救助隊が愛する人を探している間、他の人は待たなければなりませんでした。

石川県の関係者は、死亡者のうち55人が輪島市、23人が鈴市で発生し、残りは近くの5つの村で報告されたと明らかにした。 460人以上が負傷し、少なくとも24人が重傷を負いました。

東京大学地震研究所は、日本西部の砂海岸線が一部地域から海側に最大250メートル(820フィート)移動したことを発見しました。

米国は金曜日の毛布、水、医療用品を含む10万ドルの支援を発表し、より多くの支援が行われると約束しました。 ドジャースのメジャーリーガー大谷翔平も能登地域への支援を発表したが、金額は公開しなかった。

数千人の日本軍が本州本島の残りの部分と狭い陸地につながっている地震の中心である能登半島の最大の被害を受けた地域に到達するための努力に参加しました。

専門家は、現在家を失った約34,000人が居住している避難所で病気が発生する可能性があり、さらに死亡する可能性があると警告しました。 これらの多くは高齢者でした。

石川県阿波水市に居住する牡蠣養殖業者トマリ正志(67)氏は、床から毛布一枚だけを持って寝るのが大変だと話した。 震度7.6の地震が発生してから3日後の木曜日に、ついに2つのストーブが到着するまで暖房はまったくありませんでした。

「ここはひどくて寒いところです」 彼は言った。

トマリは自分の家に割れたガラス片と倒れたものが床に広がっていることを考えると、困惑しました。 その地域にはまだ電力が供給されていないので、夜は漆黒のように暗かった。

しかし、トマリと他の人々はすでに再建を考えていました。

アナミズで洋服店を運営する加藤幸子(Sachiko Kato)は、壁が傾いている店内に警告表示で黄色の案内文をつけ、完全に平らになった後ろの倉庫には赤の案内門をつけた。

「この通りにはお店が本当に多いです。 今、彼らはすべて消えた。 おそらく私たちは再建のために一生懸命働くことができるでしょう。」と彼女は言いました。

金曜日現在、アナミズの水道水は完全に回復していません。 Katoはトイレの水を下げるために近くの川で水を長くしなければなりませんでした。

先週、数十回の余震が石川周辺を揺るがした。 断層線が交錯する日本は地震に非常に脆弱な国です。 天気予報では、週末に雨と雪が来ると予想しており、専門家は追加の余震が発生する可能性があると警告しました。

最近地震の影響を受けた地域は漆器、刀、陶器、ろうそく、着物生地など工芸品で有名です。

スタイリッシュな皿とカップを作るアラス(Aras)という樹脂会社を総括する石川哲哉氏は、周辺で人命被害はなかったが、アトリエが深刻な被害を受けたと述べた。

彼は出荷の遅れについて謝罪し、問題を認め、ピックアップと再構築の意志を表明した。 「私たちがそれほど多くの愛を込めて作った作品が消えるという事実に深い無力感を感じています。」

輪島の絵のようなお店が並ぶ街で着物店を運営している高木幸子は、数世代に渡って受け継がれた80年になった自分のお店が依然として健在であることが幸運だと語りました。 他の人はそれほど幸運ではありませんでした。

彼女は「これらの人々は何かを最初から始めるエネルギーがない」とし「この街で何が起こるのか本当に気になる」と話した。

___

影山が東京で報告した。 バンコクの誰がハルカが貢献しました。

___

ゆりかげ山がXにあります:https://twitter.com/yurikageyama

READ  中国、NATOの日本事務所設立計画がアジア太平洋地域で歓迎されていないと述べた。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours