Aadhaarは日本を技術曲線の後ろに置いた:日本の「インターネットの父」Murai Jun教授

Estimated read time 1 min read

数年前、インドのAadhaarとIndia Stackの配置により、日本は技術曲線にはるかに遅れていると日本のインターネットの父親と見なされた日本の技術官僚Jun Murai氏は語った。

彼はベンガロールのインド科学研究所(IIT Bengaluru)のインドの日本科学技術革新フォーラムでビデオスピーチを行いました。 )。

インターネットサムライとしても知られているムライ教授は、日本はインドのスタックと他の国の技術の発展を鋭く見て、IT戦略を再調整することを決めたと述べた。 「これは日本のデジタルガーデンシティイニシアチブと呼ばれ、東京や大阪など中央集中した大都市だけでなく、日本全国を包括します」とJun氏は述べています。 「私たちは、インターネットアクセスを通じて小さな町や村を促進するという側面で、インドがずっと先にしてきたことをしています」と彼は付け加えました。

しかし、彼はコロナ19の3年間に加速されたインターネットとブロードバンドの採用により、世界中、特に日本で技術の採用が増加したと述べました。 彼は、以前はインターネットの採用が増加した速度について言及し、2000年には世界人口の6%しかインターネットにアクセスできず、今日では世界人口の70%以上がインターネットにアクセスできると述べた。

「過去20年間、インターネットとの接続性がすべての活動の重要なエネルギーであり、重要な環境になり、インターネットの可用性と採用が急速に増加しました。 しかし、ファンデミックによる加速によって速度がすべて変わりました」と彼は言いました。

「インターネットは必須」

以前は、エネルギーが唯一の重要なインフラであった場合、今日のインターネットとデジタル技術は、電力や水、輸送、サプライチェーンなどの他の要素と同等であると彼は言いました。 「ウクライナでは、電気がデジタルインフラストラクチャの核心であることを発見しました。 今日、私たちが「核心インフラストラクチャ」と見なすことができるコンピュータ、ネットワーク、デジタルデータを実現するには、エネルギーと通信が一緒に存在しなければなりません。

今後、人間の創造性と創造性のためには、デジタルインフラストラクチャがサポートするさまざまなデバイスとツールが必要になるだろうと元代表は強調した。 彼は「今日、ほぼすべての人がスマートフォンというスーパーコンピュータを備えており、誰もが接続されており、多くのコンピューティングパワーを身につけている」と話した。

チョン氏は健康、教育、持続可能性の分野における革新について希望を持っていました。

彼は情報技術時代形成期のインドとの長年の縁を回想し、「私が初めてボンベイ(現ムンバイ)を訪問したのは80年代だった。 それでも、インドで情報とデジタル技術について多くを学びました。 それ以来、私は主にインドの多くの教授や研究者と日本のインターネットインフラストラクチャとコンピュータネットワークを構築するために協力してきました。 インターネット。

この記事は、購読者にのみ提供されるプレミアム記事です。 毎月250以上のプレミアム記事を読むには

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

これが最後の無料記事です。

READ  今日の株式市場:5月のダウ、S&Pのライブアップデート。 2021年18日
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours