ABB、新技術契約で日本の繁栄するバイオマス産業の最適化

Estimated read time 1 min read

電気・自動化技術会社であるABBは、分散制御システム(DCS)ABB能力シンフォニープラスを日本大阪から南に約120kmの和歌山ゴボバイオマス発電所に供給する予定です。

この取引は、ABBとTOYO Engineering Corporationの間で締結された9番目の契約を表します。

ABBによると、この工場はDCS自動化技術を統合し、オペレータが情報に基づいた決定をリアルタイムで行うことができ、生産を最適化し、プロセスを改善し、効率を高めることができます。

2025年に稼働すると、木材ペレットと農業廃棄物を原料とするこの発電所は、年間最大110,000世帯に50MW(メガワット)の電力を供給することになります。

日本の国内エネルギー供給は前年比4%以上増加し、化石燃料への依存度を減らし、需要増加に対応する方法に投資しなければなりませんでした。

2022年には、再生可能エネルギーの生産量がほぼ12%増加し、主に太陽光発電とバイオマス発電によって行われました。

ABB Energy IndustriesのBrandon Spencer社長は「第6次エネルギー基本計画4で、日本経済産業省は2030年までに日本に設置されたバイオマス容量を8GW(ギガワット)に増やす目標を発表したが、これは予想電力需要の5%を充当するだろう」と述べた。

同社は現在、全国に建設中の8つの異なるバイオマス施設に自動化ソリューションを統合しています。

「私たちが参加している9つのプロジェクトは、500MWの集団発電容量を提供し、政府の目標の6%以上を達成し、百万世帯以上に電力を供給するエネルギーを提供します」とSpencerは付け加えました。

2025年まで毎年5.4%ずつ成長すると予想される日本は現在、世界5位のバイオマス市場だ。

政府はバイオマスを核心再生エネルギー源として報告し、バイオマス発電のための初期補助金と原材料調達支援政策を含むさまざまな支援措置を導入しました。

日本には未使用の木材が豊富で、東洋では未使用の木材の供給が需要を超えて豊富な潜在的供給原料供給を創出します。

産業廃棄物や食品廃棄物も供給原料オプションとして探索されており、国内の高層建物には食品廃棄物をリサイクルする「都市バイオガスシステム」が施行されている。

現在、約1兆円(71億ドル)規模の日本のバイオマスエネルギー市場は、2035年度までに1兆7000億円(121億ドル)以上の価値があると推定されます。

READ  Apple、Apple Silicon、IntelベースのMac用macOS Montereyをリリース
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours