スポーツ

Abbottが9つの三振をつかみ出しながらSoftball-US、カナダに勝つ。

福島、日本、7月22日(ロイター) – 米国投手モニカアボットが東京オリンピックソフトボール二日目のカナダ打者をゴールで制圧しながら、カナダを1-0で下した。

7イニング、カナダ打者は打席でボールを追ってゲームで最速投手の一人であり、5回日本リーグで最も価値のある選手の一人と接触していませんでした。

Abbottは最初の6つの見事なフレームを終えた後、歯を露出さそうな笑顔を浮かべてベンチのような席に戻りました。 彼女は腕に流れる汗をタオルで拭き首の後ろ冷湿布をしてピンクの水筒に入れられた液体をすすった。 ルーチンは成功しました。

1.91メートル(6フィート、3インチ)Abbottは合計9つの三振をつかみ、3つの四球を可能にし、1つのヒットを出しました。

中堅Haylie McCleneyがJenna Cairaを破って単独失点を記録した。 マッククレ君を運転してきた怒っアマンダ値デスからは同僚に勢いを引き続きかと頼んしたが、結局、米国は試合で2番目に基地を放置することになった。

McCleneyはまた、Sara Groenewegenの2塁打で右中央に記録することを防ぐためにピンチランナーJoey Lyeをアウトしました。

水曜日4イニング無安打先発の端帰ってきたその四ベゲンは最初の2イニングの間、米国を無失点につながった。

5日間のラウンドロビンプレイ中二番目は、米国を2-0で、カナダを1-1で勝ちます。 6チームのうち上位4チームがメダルゲームに進出します。 メキシコは日本と、イタリアは木曜日遅く、オーストラリアと対戦する。

ゲームの開会式のために金曜日に活動が中断されます。

Paresh Daveの報告; サイモンキャメロンムーア編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  テニス| ナオミ大阪、3ラウンドのUSオープンで退場、ゲーム内の別の休憩を考慮中

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close