トップニュース

Accor、日本初のダブルブランドホテルオープン – Business Traveller

Accorは、不動産会社の東京リゾート&ステイズと協力して、日本初のデュアルブランド不動産をオープンしました。

大阪に拠点を置く当ホテルは、Accorの中型メルキュールブランドと日本の長期滞在ブランドであるTokyu Stayを組み合わせ、12月1日にオープンします。

288室のメルキュール東急ステイ大阪難波は、関西国際空港まで直行列車を運行する難波駅から徒歩4分です。

江戸時代に薪卸売りのための倉庫があった西心斎橋地域に対する松家である薪を思わせる暗いインテリアがデザインに含まれています。 彼らは後で地元のアーティストや創作者のためのギャラリーとブティックに変わりました。

宿泊施設は短期滞在と長期滞在の両方のお客様のために設計されており、洗濯機 – 乾燥機、簡易キッチンを提供しています。 全客室に50インチテレビ、レインシャワー、高速Wi-Fiが備わっています。

館内にはイタリア料理があり、終日食事を楽しめるレストラン「Center M」で、毎日変わるビュッフェ式朝食とアフタヌーンティーを提供しています。

READ  パラリンピック聖火リレー日本で開始

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close