技術

Adobeの製品ライセンス版「Lightroom 6」は、崩れているという指摘 – GIGAZINE



Adobeから開発・販売している「Adobe PhotoshopのLightroomの「写真編集用ソフトウェアであり、2015年に永久ライセンス版の “ライトルーム6」が発売されました。ところが、2020年12月に入って以来、「Lightroom 6で一部の機能を使用しようとすると、競合してしまう」との報告が上がっていて「Lightroom 6は永久ではない」と報道されています。

Lightroom Classic:顔認識モジュールでv6.10衝突| Adobe Photoshopファミリー
https://feedback.photoshop.com/conversations/lightroom-classic/lightroom-classic-v610-crashes-in-the-facial-recognition-modul/5fd510567288d52d004c42d6

Adobe Lightroomのv6が離れていく
https://petapixel.com/2020/12/24/adobe-lightroom-v6-is-falling-apart/


2015年に発売されたLightroom 6買い切り方式のソフトウェアであり、一度購入すると、ソフトウェアが完全に使用可能になっていました。 2017年にはLightroom 6販売が終了しLightroom購入カット方式がすべて廃止され記事の作成時点では月額課金(購読)方式の「Lightroom CC」のみが表示されます。

Adobeは、買い切り方式のLightroom 6について2017年末に最終バージョンの更新を最後にサポートを中止すると発表しました。 それでも購読方式に切り替えたくないユーザーは、Lightroom 6を引き続き使用したが、2020年12月には、Lightroom 6の公式フォーラムで「特定の機能を使用しようとするとLightroom 6衝突」との報告が上がっています。

Lightroom 6ユーザーが見ているのは、「Lightroomの顔認識モジュールを開くと、アプリケーションが数秒以内に終了する」ということ。 Lightroom 6とLightroom CC顔認識モジュールは、写真で特定の顔を識別して、カタログを整理するためのツールです。


2020年12月13日MStutzというユーザーは「最近1週間の顔認識モジュールを開くと、Lightroom衝突します “と見て、2020年12月Windows Update影響するかPhotoshopの要素2021アドビプレミアエレメント2021インストールが関係しているのではと述べた。


また、cldmitryは、他のユーザーの顔認識モジュールだけでなく、写真のメタデータを複製する仮想コピー機能を使用したときにもアプリがクラッシュすると見ています。


dale_5435052というユーザーは「PCの日付を10月1日に変更したところ、不思議なことに、顔認識モジュールが動作した」と解決策を述べており、問題は、システムの日付あることが判明しました。


今回の事態を報道した技術系メディアPetaPixelシステムの日付を戻せば問題が解決する可能性があり「Adobeアプリの機能に使用されたサードパーティ製のライセンスの期限が切れ “この一連の問題が発生している可能性があると指摘しています。

TML59そのユーザーはフォーラムでは、Adobe顔認識機能がDLLの形でメーカーからライセンスされていることが問題だとコメント。 AdobeのLightroom 6のサポートを中止したこと自体は問題ないが、ライセンスの有効期限でLightroom 6が使用できなくなってしまう不具合はAdobeが責任を持って対応しなければならないだろうかと主張しました。


Lightroom 6の機能を利用することができなくなってしまう事態は今回が初めてではなく、2018年には「写真を撮影した場所をGoogleマップで確認することができるマップモジュール機能がLightroom 6で使用することができない」は報告が上がっています。 この機能に使用されるGoogle Maps APIキーの有効期限が切れが原因であり、AdobeのAPIキーを個人のAPIキー変える方法で変更できること。

PetaPixelは今回の事態を受けて、サードパーティ製のライセンスの期限が切れは、今後も発生する可能性があり、時間の経過とともにLightroom 6でより多くの機能を利用することができなくなるかもしれないと指摘した。Avpmanというユーザーは「私はLightroom 6を購入したのは、永久ライセンス版からです。顔認識DLLをライセンスの有効期限について「永久」という言葉の定義を議論するのも面白いかもしれませんね」とコメントしています。

一連の問題についてPetaPixelは、Adobeに問い合わせたところ、Adobeの広報担当者は「Lightroom Classicの製品ライセンス版には対応していません」と答えます。 すでにLightroom 6のサポートを終了しているため、技術サポート、およびセキュリティ修正、バグ修正などの対応はできないと述べた。

また、Adobeは、2020年に大幅な売上高の増加を達成し、継続的な収益を確保することができるサブスクリプション方式への移行を推進することは、ビジネスの観点から賢明な判断だとPetaPixel指摘しています。

Adobeの収益が急増するにつれて、AI編集に多くの投資を行う予定です。
https://petapixel.com/2020/12/11/as-adobes-earnings-soar-it-plans-to-invest-further-in-ai-editing/


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  【Amazon Echo Auto購入を検討している方必見】これを見れば何ができるのか、どのように人生変わるか知ることができる! 既存のEchoと比較解説| ガジェット通信GetNews

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close