Adobe は、最近の変更に反発して利用規約を更新しています。

1 min read

従業員 顧客の怒り Adobeは、最新の利用規約(ToS)に従って、AIやコンテンツの所有権などの領域に関する詳細を追加するために更新を進めていると述べました。 ブログ投稿。 プロダクトディレクターのScott Belsky氏と、法務部門と政策副社長のDana Rao氏は、「あなたのコンテンツはあなたのものであり、生成されたAIツールを教育するためには絶対に使用されていません」と述べました。

Photoshop、Premiere Pro、Lightroomなどの製品を使用している購読者は、Adobeが会社の作成AIモデルをトレーニングするために自分の仕事を自由に使用できるという意味で解釈される、新しくてあいまいな言語に怒りました。 つまり、クリエイターたちは、AdobeがAIを使って自分の作品を効果的にコピーして再販売できると考えました。

他の表現は、会社が実際にユーザーの著作権データに対する所有権を持つことができることを意味すると考えられています。 見たとき)。

Adobe は、いずれも正確ではないと述べたが、主に CSAM に関する法的理由により、製品改善プログラムおよびコンテンツ調整のための新しい利用規約が設けられたと指摘した。 しかし、多くのユーザーはこれをそう見ておらず、Belskyは更新されたToSを通じて会社が「より明確になった」と認めました。

「顧客が自分のデータをどのように使用するか、生成されたAIモデルがどのように訓練されるかを心配している世界で、顧客データとコンテンツをホストする企業は、公的にだけでなく法的拘束力のある規約を通じてポリシーを宣言する必要があります。試してみてください。」 Belskyが言った。

この目的のために、同社は次のように述べています。 [ToS clauses] 意味となぜ私たちがそれを持っているのか」と書いた。

アドビは 6月6日更新 もともとToSと同じ曖昧な言語を少し変更し、リンゴの痕跡もありません。 Creative Cloud サービスの加入者が増えるにつれて、これは炎をさらに扇動するようでした。 やめると脅す 一度に。

さらに、Adobe は Adob​​e Stock イメージに対してのみ Firefly システムをトレーニングすると主張しています。 しかし、いくつかのアーティストは、Adobeのストック動画サイトで自分の名前が検索語として使用されることを指摘しています。 クリエイティブブローク 報告されました。 その結果、時々アーティストのスタイルを模倣するAI生成芸術が誕生します。

最新の投稿は事実に近いです。 私のせいです。 何を変更する予定かについての詳細な説明と。 AI と著作権の領域とともに、当社はユーザーが製品改善プログラムを拒否し、必要な活動に合わせてライセンスをさらに「狭くカスタマイズ」することを強調しました。 クラウドのデータだけを検索し、ローカルに保存されたコンテンツは確認しないと付け加えました。 最後に、Adobeは新しい変更についての顧客のフィードバックを聞くと述べました。

READ  Google、新しいセキュリティ警告の前にGmailユーザーに警告 - 今すぐ2FA設定
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours