技術

Advik Hi-Techは日本のNikkiと協力し、インドでCNG規制機関を作成します。

プネーに本社を置くAdvik Hi-Techと日本のNikki Co Ltdは、CNGレギュレータ製造の技術協力に署名しました。 この協定は、低コストでインド市場に圧縮天然ガス(CNG)モビリティソリューションの持続可能な革新を提供することを目的としています。

Nikkiの実績のある技術とAdvikの製造能力により、この製品はインドの乗用車および商用車市場向けの内燃機関のアプリケーションを満たします。 この最新のコラボレーションにより、Advikは乗用車および商用車セクターの製品ポートフォリオを拡大します。

新しい技術パートナーシップは、インドと世界市場で小型CNGレギュレータの設計、製造、マーケティング、販売を担当します。 CNGレギュレータは、CNG車両から燃料タンクに充填されたガス燃料の圧力を下げ、調整するために使用されます。 この製品は、自動車から商用車、工業用フォークリフト、固定発電機まで、さまざまな用途に使用されています。

日本のNikkiは、CNG、LPG、LNG車に使用される代替燃料システム製品の設計と製造に関する広範な経験を持っています。 (画像:ニッキー)

インドに基づくパートナーシップにより、Advikの専門知識を活用して生産とサプライチェーンを完全にローカライズし、「Made in India」製品を低コストでインドOEMに提供することができます。

「AdvikとNikkiは、強力な技術フォーカスと低コストで革新的な技術を提供するという約束を共有しています。 この新しい協力は、インドでの私たちの活動をさらに促進し、既存および潜在的な新規顧客を地元でサポートし、この新しい市場へのアクセスを拡大することを可能にします」とNikki Co。 株式会社の社長の高田和田氏が語った。

Advik Group of Companiesの専務取締役であるAditya Bhartiaは、次のように述べています。 このパートナーシップは、複数の主要顧客との関係をさらに強化するとともに、インドでCNG事業に参入し成長させる戦略的段階です。 この技術契約は、国家が化石燃料からよりクリーンな燃料への多様化を模索するにつれて、代替燃料市場でコアプレーヤーになるという企業のビジョンと一致しています。 世界的に有名なNikkiの規制機関技術とAdvikの製造能力に基づいて、両社はCNG規制機関のために急成長するインドのモビリティ市場を捉えることを目指しています。

彼は、「Atmanirbhar Bharatに対するインド政府の命令に従って、この技術協力によって製造された製品はインドで製造され、政府のイニシアチブを強化するでしょう。 AdvikがPLIに選ばれるにつれて、インドは大手グローバルテクノロジーを採用し、先住民族化することができます。 CNGレギュレータはAdvikの承認されたPLIの一部であり、インドとインドのOEMが大きな恩恵を受けるでしょう。 インドは複数の燃料市場になり、CNGは広範な代替燃料の採用に重要な役割を果たすでしょう」

機体エンジンシステムに関連する製品に特化したNikkiは、日本、中国、タイ、韓国、アメリカのさまざまな顧客にサービスを提供しています。 CNG、LPG、LNG車両に使用される代替燃料システム製品の設計と製造に関する幅広い経験を持っています。

Advik Hi-Techは、乗用車、商用車、トラクター、二輪車用オイルポンプ、水、真空ポンプの世界的なメーカーです。 Advikはまた、チェーンテンショナー、ソレノイドバルブ、CBSドラムブレーキシステム、および二輪車用油圧ディスクブレーキシステムの分野のリーダーです。 年間売上高が約1億ドル(8億ルピー)のこのグループは、モビリティOEMのための技術的に高度な製品も提供しています。

昨年、同社はHanon Systems Bengaluruの製造施設を買収し、インドおよび世界の乗用車セクターの真空ポンプおよびウォーターポンプ市場への参入を保証しました。

また読んで下さい: 今年7回目のCNG価格を引き上げる

2022年インドの10大燃料効率CNG車

改造事業に被害を与えるBS VI CNGキットのMoRTH指令の遅延





READ  ぬるぬる動くのが本当に? モニター "144Hzと60Hzの違い」は中学生分かる? 「Apex Legends」で比較してみた - GAME Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close