エンターテインメント

aespaの最初の日本のショーケース、40,000人の観客動員

ガールズグループaespaが8月6日と7日両日、日本横浜ピアアリーナMMで日本初のショーケース「aespa Japan Premium Showcase 200~Synk~」を開催した。 [SM ENTERTAINMENT]

SMエンターテインメントによると、ガールズグループエースパ(aespa)が週末日本で初のショーケースを開いた。

8月6日と7日の両日、日本横浜ピアアリーナMMで「aespa Japan Premium Showcase 200~Synk~」が開かれた。

ガールズグループは2020年「Black Mamba」、2021年「Next Level」、2021年「Savage」、2022年「Illusion」、2022年「Girls」などヒット曲9曲を披露した。 7月に出てきた最新EP。

ショーケースの収容人数は約4万人に過ぎなかったが、SMエンターテインメントは92万人が参加申請したと明らかにした。

約40万人参加 "エスパジャパンプレミアムショーケース200~シンク~。" [SM ENTERTAINMENT]

「aespa Japan Premium Showcase 200~Synk~」には約4万人余りが参加した。 [SM ENTERTAINMENT]

ガールズグループは「日本での初行事だ。」私たちの舞台をお見せできてとても嬉しい。 […] 今日は良い思い出をありがとう。」

aespaは2020年にシングル「Black Mamba」でデビューし、Karina、Winter、Giselle、NingNingの4人で構成されています。

去る7月8日発売された最新EP’Girls’は初週だけで140万枚以上売れてKポップガールグループ新記録を立てた。

ヤンヘイリー [[email protected]]

READ  Osako、Mutoは神戸を新たな次元に引き上げる準備がしました。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close