スポーツ

AFC女子アジアカップ:スターでいっぱいの日本、韓国チーム、日曜日のプネが到着サッカーニュース

プネー:女子アジアカップの大勢はプネーから始まります。 Shiv Chhatrapatiスポーツ複合施設は、1月21日から始まるリーグ戦のためにグループCチームを開催します。
プネーは世界中のチャンピオンの日本、韓国、ミャンマー、ベトナムで構成されたC組の試合を開催し、日本とミャンマーがここで試合を開始します。 チームは日曜日に街に到着し、様々なバイオセキュリティホテルに配置されます。
グループCには、2011年の日本ワールドカップ優勝チームの一員であった日本のスキッパー熊ヶ崎をはじめとする国際トップクラスの選手が含まれます。 決勝戦で米国に対して決定的なペナルティキックを得点したのは熊家だった。 ベテランは現在、ドイツのブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンでプレーしています。
日本の他の著名な選手は、日本の2011 WCチームのメンバーであり、多くのイングランドクラブを代表する攻撃者であるイブチマナです。 彼女は今アーセナルを代表しています。
ウェストハム・ユナイテッドで走っているミッドフィルダー長谷川結衣は、日本のプネーで走ります。
韓国はまた、様々な国際クラブを代表する選手を含むチームを構成しました。 ミッドフィルダーチョ・ソヒョン(トッテナム)、ジソユン(チェルシー)、イ・グンミン(ブライトン)がスターアトラクションになる。
マハラシュトラ政府のスポーツ部門である主催側は、都市に2つのバックアップがある複合団地に2つのウォーミングアップグラウンドと一緒にスタジアムを準備しました。
マハラシュトラ・スポーツディレクターのオム・プラカシュ・バコリア氏は、次のように述べています。
「私たちはまた、Balewadiで古い投光照明を新しいLED照明に置き換えました。これはエネルギーを少なくとも7%節約するだけでなく、より多くのルーメンを明らかにします」と彼は言いました。
メインピッチの芝生の改善とともに、チームルーム用の新しいバスルームが作られました。 政府は報酬のために2100万ドル以上を費やしました。

READ  NBAは、ウイルスが許可されている21 -22年に正常に戻ってくることができます。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close