AFC U-17アジアカップ、インド、日本に4-8で敗北脱落

Estimated read time 1 min read

インドは必ず勝つべきD組の最後の試合で強力な日本と4-8で敗北する前に勇敢な戦いを繰り広げ、金曜日ここでAFC U-17アジアカップで脱落しました。

前半戦と後半戦の試合で、インドは後半に再び飛び込み、日本に失点を許したが、最終的に試合で敗れた。

Blue Coltsはトーナメントの8強進出のチャンスをつかむために勝利が必要な出会いに入ったが、それはできなかった。

インドは、中断されたPramveerの代わりにMukul Panwarがセンターバックに入ったので、選抜XIを1つ変更する必要がありました。

日本は序盤から占有を楽しみながら圧倒的な優位を占め、インドは中間ブロックゲームをした。

Blue Coltsは日本を封鎖し、狭い地域に追い込むように見えました。 タングラルスンカンテはセンターサークルの唯一の選手で、カウンター攻撃のためにボールを握っていた。

Lalpekhlua Ralteは左下に2回跳び、Korouは割り込んでGangteをサポートしようとしました。

しかし、ボールの内外で激しい疾走を繰り広げた日本の質は、何度も得点に近づいたときに現れました。

川村拓人がペナルティエリアの端からリバウンドで走り、ボールを打ち破り、日本の先制ゴールを破った。 彼は数分後、ボックスの外でシュートを飛ばしたとき、日本の得点のチャンスをほぼ2倍に増やした。 。

前半のインドの唯一のチャンスは、Vanalpeka Guiteが日本の箱の中でKorou Singhにボールを置いたが、後者は相手のゴールキーパーにまっすぐ彼のバリを打ち砕いた。

その逃したチャンスは、後にガク・ナワタがゴールを決め、サヒルを過ぎて日本の二重リードを記録し、後に再びインドを悩ませた。 Nawataはハーフタイムの数秒前に3番目のゴールを追加し、チームに3-0を獲得しました。

インドは後半にはるかに活発に出て、すぐにセットピースでゴールを取り戻しました。 左側のフリーキックはGuiteによって振り回され、空中に浮かぶMukul Panwarがそれをタップしました。

しかし、日本の強国は次の数分で、Shuto Naganoが第1得点とYumeki Yoshinagaが第2得点で答えた。

1勝5敗にもかかわらず、インディアンの子犬は希望を失わなかった。

少し時間が過ぎると、Gangteは左から前方に突き出てラインに進み、Danny Meiteiがタップできるように切り戻しました。

一方、インディアンボックスの中でムクルが反則を犯して日本がペナルティキックを得た。 しかし、インドのサヒル・プニアのゴールキーパーは立ち上がり、右に飛び込んで佐藤龍之介のシュートを止めた。

インドのゴールキーパーは即座にカウンター攻撃を開始し、その結果、ダニーは左から日本のボックスに走った。 彼がGangteにクロスを試みたとき、日本の足から外れた偏りが入り、マージンを3-5に減らしました。

日本はYotaro Nakajimがその夜の6番目のゴールを破り、6-3に先んじて再び逆転の道を訪れました。

しかし、インディアンはあきらめなかった。

10分後、Lalpekhlua Ralteは箱に入った。

8分の負傷時間が追加され、Blue Coltsにさらに希望を与えました。 インジャーリータイムのかなりの時間の間、日本はインドの高いプレッシャーに足首をつかまって、自国陣営から抜け出せなかった。

しかし、日本は山口五田と杉良俊子が相次いでゴールを破り、勝点3点を確保しながら底力を見せた。

READ  MNミュージック名誉の殿堂にオールスターニュース、スポーツ、採用情報
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours