AIがStranger Thingsを80年代の日本のホラー映画にし、Vecnaは怖い

1 min read

「奇妙な物語」スピンオフの可能性についてのヒントがしばらくありましたが、2022年にそのうちの1つが私たちを日本の首都に送るために並んでいることが判明しました。 「Happy Sad Confused」ポッドキャストに出演(via Netflixには何がありますか?)、このショーの制作者、ダッパー兄弟は、1980年代を背景にしたアニメシリーズが制作中だと暗示しました。 このストーリーは、東京の郊外に住み、次元間の活動に巻き込まれるビデオゲームが好きな2人の兄弟に焦点を当てます。

マットダッパーは「奇妙な物語東京」が創立シリーズと「1000%違う」と確信し、「奇妙な物語世界とつながるストーリーだが、実際にはそのストーリーをどのように伝えるかについてのもの」と付け加えた。 。 それ以来、ショーの追加開発の詳細はほとんどなく、唯一の例外は、2023年にNetflixが「奇妙な物語」アニメシリーズが制作中だと公式発表した時のみであり、両方の作品が同じであるという確認はなかった。

もちろん、この世界のすべての詳細を秘密にすることは新しいことではありません。 私たちはまだホーキンスの英雄の帰還を見ることができる日付でさえ確定していません。 ついにイレブンの物語が沈むとき、次の目的地が結局東京になることを願っています。

READ  日本がアウトドアエスケープを見つけながら飛んでいるディスクゴルフ
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours