AIでウイルスを作った25歳の少年、日本で逮捕技術ニュース

1 min read

東京警察は、生成AIを使用してランサムウェアを生成した疑いで、林龍紀(Yyashi Ryuki)を逮捕し、日本初のAI生成マルウェア事例を記録しました。 今回の事件は、AIの誤用に対する世界的な懸念を強調し、そのような活動を防ぐための厳しい規制と公衆認識の必要性を強調します。

日本初のAI生成ウイルス、東京で逮捕

主なハイライト

  • 東京警察はAIを利用してコンピュータウイルスを作った男性を逮捕した。
  • ランサムウェアに似たこのウイルスは、データを暗号化して身代金を要求するように設計されています。
  • このケースは、生成AIで作られたウイルスに関連する日本初のケースです。

東京警察が生成人工知能(AI)を使ってコンピュータウイルスを作った容疑で林龍紀(25)を逮捕した。 今回の事件は、AIの助けを借りて生成されたウイルスが日本で初めて知られた事例で、先端技術の誤用に対する懸念が大きくなっていることを強調します。

逮捕と容疑

川崎市に居住する林は、ランサムウェアを製作した容疑で逮捕されました。 ランサムウェアは、ターゲットシステムのデータを暗号化し、身代金として暗号通貨を要求するマルウェアの一種です。 プロのIT背景の知識がないにもかかわらず、Hayashiはオンラインで複数のAI会話検索エンジンに繰り返しクエリを実行してウイルスを生成しました。

生成AIの役割

この場合、ユーザー入力に基づいてコンテンツを生成できる生成的なAIツールが重要な役割を果たしました。 林は簡単にお金を稼ぐためにAIに聞いてみれば何でも成し遂げられると思ったと警察に認めた。 彼は、ランサムウェアを設計するために様々なAI反応から得られた情報を組み合わせたことが知られています。

AIがどのように悪用されたのか

林が使用するAIツールには、悪意のあるソフトウェア生成などの誤用を防ぐための「ガードレール」という保護装置が必要でした。 しかし、オンラインで利用可能な一部のAIモデル、特に未知のクリエイターが開発したモデルには、これらの保護機能がありません。 間接的な質問により、林はこれらのガードレールを迂回し、ウイルスを生成するために必要な情報を収集することができました。

AI誤用事故の比較

イベント 詳細 結果
林龍竜(日本) 生成AIを使用したランサムウェアの生成 逮捕、デバイスでウイルスを発見
その他のAI誤用 偽のニュース、ディープフェイク生成に使用されるAI グローバル規制の強化

林の逮捕も、AIの誤用に関する国際的な懸念を呼び起こした。 米国の主要IT企業はすでに自律規制規定を施行しており、欧州連合(EU)はこのような誤用を防ぐために人工知能法などの措置を制定した。 日本では去る5月政府AI戦略協議会が大規模AI開発者を対象に法律及び規定研究を始めることに決めた。

READ  Wild Rift Patch 2.6は、2人のチャンピオン、超高速発射モード、新しいアイテムなどを提供します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours