AIを使って日本企業の未来を確保する若い億万長者

Estimated read time 1 min read

日本で最も若い億万長者の一人が、東京にある自分のオフィスでTIMEにこう語りました。 「私の部分について私がどのように考えているのかよくわかりません。 しかし、私は良い企業を作るために努力し続けています。」

相模俊作(33歳)は財産を借りている。フォーブス 最近の見積もり 彼の純資産は19億ドルで、特に他の企業を支援する事業に適用されます。

彼は「幼い頃から世界の問題を解決できる人になりたかった」と話します。

相模が自分の人生で見た問題の一つ 企業承継チャレンジ 高齢者が若者よりはるかに多くの国で。 相模は、故郷の大阪で不動産ブローカーを運営していましたが、引退後に事業を閉鎖しなければならず、それを受け継ぐのに適した人を見つけることができなかった故人になったおじいさんについてよく話しました。

スタートアップを売却した後、2018年にサガミを設立しました。 M&A研究所、人工知能を活用して買い手と売り手をつなぐ買収合併諮問会社です。 同社は、老朽化し​​た中小企業の所有者とCEOを後継者と結びつけ、彼らが彼の祖父がしたような残念な道に従わないようにすることを専門としています。 「日本の老齢化問題は深刻です。私の考えでは、この問題が世界で最も深刻なようです」と佐賀氏は言います。

2019年に 日本政府の見積もり 2025年までに125万人以上の中小企業所有者が70歳以上であり、継承計画が不足し、失敗した離職により約650万の雇用が危険に陥り、世界で4番目に大きい日本経済に100万ドル以上の打撃が発生すること予想されます。 1000億ドル。

サガミの会社は昨年も同様に推測した。 620,000 国内で収益性の高い企業は後継者がいないため、閉鎖する危険があります。

Sagami独自のAIベースのマッチメイキングシステムが登場するところです。 彼は、前払いで費用を請求し、サービスが遅すぎて非効率的であると考えている業界の同僚とは異なり、迅速に作業し、取引が行われた後にのみ顧客に料金を請求することに誇りを持っています。 そして2022年に東京証券取引所に上場されたM&Aは、現在まで途方もない成功を収めている。

現在、300人を超える従業員を保有しており、特定の時点で約400件の取引を行っている同社は、事業を売却し、新たに発見した富を管理するのに役立つ必要のある顧客の要請に応じて、昨年資産管理分野に事業を多角化するほど非常に良い成果を収めました。 。 サガミはまた、主要な仲介事業の国際的な拡大を模索しています。 なぜなら、日本が相続者のない企業問題を扱う唯一の国ではないことを知っているからです。

「私たちの会社のマッチングサービスが言語にこだわらないことが強みです」と彼は言います。 「機会になれば、ここで日本で開発されたM&Aサービスを利用し、同様の方法で他の国にも役立てたいと思います」

—Lillian Loescher/Osakaの報告を含む

TIMEのその他の必読書


お問い合わせ [email protected]に送ってください。

READ  New Mortonレストラン大山寿司では日本料理を楽しめます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours