経済

Airborne Capital、極東投資マネージャーMercuriaと日本のベンチャー投資

アイランドに拠点を置く航空金融家Airborne Capitalは、航空機リースの機会の増加する可能性がある機関の需要のための現金を用意するために、極東の投資者であるMercuriaと日本のベンチャーに協力しています。

2017年に設立されたAirborneは航空機リースおよび管理を専門とし、約10億ドル(8億5000万ユーロ)の資産を保有しています。

アイランド同社はとパートナーが航空分野に参加する日本の投資家を収容する新しい事業であるMercuria Airborne Capitalを設立したと言いました。

AirborneはCovid-19が旅行に及ぼす影響にもかかわらず、航空機投資が継続して良いお金を提供していると言及しました。

彼らは、機関投資家が航空リースでより多くの役割をすると信じていたので、ペアの合弁会社を設立したと付け加えました。

AirborneのCEOであるRamki SundaramはMercuria Airborne Capitalが「日本の機関投資家にグローバル航空金融部門でますます多様魅力的な投資機会を提供する」と言いました。

マーキュリーアの豊島町ヒロ最高経営責任者(CEO)は、エア本科のパートナーシップを「興味深い段階」と呼んだ。

Mercuriaは東京、北京、香港、バンコクのオフィスで約20億ドルの資産を管理します。

READ  ミントライト| ミャンマーのデモ、香港資金の流れの調査、日本の地震など

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close