技術

AirPods Max深堀りレビュー。極めて中立的な音質に良い印象ながら本物のライバル不在(ホンダ雅一) – Engadget日本版

日本でも12月18日に発売されるAirPods Max。 先日、実機インフレを掲載したが、今回はその速報深く掘るレビューを提供しています。

Apple製品と一緒に使用すると、接続が利点は、すでにAirPods Proなどでもお馴染みのだが、AirPods Maxはまた、その切り替えがスムーズになっていました。

具体的には、頭にAirPods Maxを設定すると、Apple ID登録して、ペアリングされたすべてのデバイスがAirPods Maxの存在を認識してくれます。 これまでも切り替えがスムーズだったが、さらに一歩踏み込んだ形です。

iPhoneでAirPods Maxを使用した後に再装着すると、自動的に電源が入ってiPhoneと接続されているのはもちろんのこと、同時にiPadでもヘッドフォンマークが表示されます。 そのままシームレスに移行して、iPadで音を楽しむことができます。 また、Macで「近くにAirPods Maxます」とポップアップしてくれ、簡単なマウス操作で切り替えることができます。 別のAppleデバイスに接続されている場合でも、メニューバーの音量アイコンをクリックすると、表示されるドロップダウンメニューには、AirPods Maxが対象に表示されますので、選択するだけで、音声出力を切り替えることができます。

注記Bluetoothのみ使用することができている場合どのような機器でもAirPods Maxに接続することができます(ノイズキャンセリングモード切替ボタンを長押しすると)、将来のアップデートなどを含むと思われる場合、基本的にApple製品の周辺機器と考えるのがお勧めです。

とにかく、最も重要なことは、おそらく音質ですね。 まず、基本的なハードウェアの機能と感覚を触れた後、音質について探求していくことにしましょう。

関連記事:

アップルAirPods Max実際のインフレ。従来とは異なる評価基準のヘッドフォン

Apple AirPods Max(Amazon)

高品質の素材感と快適フィッティング

オーバーイヤータイプのヘッドホンは耳を覆ってしまううえ、重さもそれなりに重く継手の良し悪しが重要なポイントです。

AirPods Max

AirPods Maxはイヤーカップ上部のボールジョイントヘッドバンドとカップリングされています。 したがって、一般的なY型サブフレームにイヤーカップをスイングする製品よりも頭の形にフィットさせて簡単に感じました。

回転とスイングのメカニズムを一つのボールジョイントに集中させるために強度と耐久性を気にする方にもあるだろうが、ステンレス鋼で作られたヘッドバンドとのジョイント部は、使用して安定感を覚えしっかりした感じです。

AirPods Max

加工のアルミイヤーカップを含む老化で使用感がさらに困難素材が使用されていますが、消耗品であるイヤーパッドなどの質感も良いです。

AirPods Max

メッシュ素材のイヤーパッドは形状記憶フォームが使用され、磁石カップリング本体に装着されています。 真夏にどのように感じるかを想像するしかないが、現在のフィット感は爽やか。 AirPods Maxを装着して、一日都内を移動しても不快感がありません。

ちなみに私は眼鏡をかけているので、眼鏡のユーザーにもフィット残念な感じを持つことはできないと思います。

AirPods Max

ヘッドバンド部を頭部からサポートの部分がメッシュ素材にも快適に良い影響を与えています。 通気性が良いのは当然だが、伸縮性のあるメッシュが圧力を分散して、本体の重さによる不快感を緩和させてくれます。

数日使った感想ですが、一回の充電で20時間プレイするスペックは消極的であり、少なくとも一日に音楽を楽しむことができる体力があると思います。 感じているとしか書き込むことができないことが残念ですが、定量的な評価を迅速に行うことができないほど、バッテリ寿命を延長させてくれます。

AirPods Max

指定されたソフトケースに収納すると超低消費電力モードに入るが、そのようにしなくても問題なく利用することができます。 ケースの超低消費電力モードでは、ほとんどのバッテリーが減らない、事実上の電源が近い扱いでしょうか。

本体の省電力機能は、イヤーカップの光学センサーとヒンジ部の歪みセンサーで、頭に装着されていないときは、常に自動的にスリープモードに入っています。 この場合、12時間で5%程度の電力が減少しました。 周囲の状況に応じて異なりますが、可能な限りのケースに入れておくことがバッテリーに優しいようです。 また、保証期間のバッテリー交換費用は8800円に設定されています。

直接のライバルは不在

使用を開始するノイズキャンセリング機能ワイヤレスヘッドフォンの標準機とも言えるソニーやボスの最新モデルを比較対象にしなければならないと思いました。 しかし、リスニング開始みると、そのような比較は、非論理的だと悟りました。

AirPods Max

AirPods Max搭載するドライバユニットは40mmの直径、これポータブル用には最大サイズ。 持ち歩きを想定していない有線タイプの高級機種は低域再生に余裕がある70mm(またはより大きな)大口径ドライバが使用されますが、持ち歩きも想定するなら、これは適切な設定だと思っています。

同じ無線携帯を意識したソニー「WH-1000XM4」ボーズ「ノイズキャンセリングヘッドホン700」このライバルますが、聞き始めとAirPods Maxの音質は、より高価で、大きなドライバーを搭載した7〜10万円クラスのヘッドフォンに近い感じです。

実際に圧縮されたAACエンコードの音楽信号をBluetooth経由で聞くので、本体とは別に、ヘッドフォンアンプを用意して聞いて有線型との比較は、大きな意味がありません。 しかし、正確な音の品位ではなく、音の質感、バランス、表現力などは、有線ヘッドフォンなど近い感じました。

特に感動したのが、低域の表現力。 Appleは、40mm径のドライバで、高品質の低音を実現するために、一般的なスピーカーのドライバーユニット採用例のツインリングネオジウムマグネットを採用しています。 これは大小二つのリング磁石を組み立てて、その隙にボイスコイルを配置することで、強力なトルクと高い直線性でダイヤフラムを駆動することができます(一方、生産性が低いことが予想されるが)。

この強力な磁気回路構成とイヤーカップの音響特性を常に監視しながら、最適な状態に補正続ける “適応等化」という処理アルゴリズムの組み合わせで40mm径にもかかわらず、解像度が高く、深みのある低音を実現しているのです。

トラブルシューティングの手段として評価基準を変える第一歩?

AirPods Max

正直このジャンルは、価格的にもAirPods Maxに近い製品はほとんどありません。 無線伝送と携帯ノイズキャンセリングヘッドホンで音質をさらに追求したハイエンドモデルが追加された感じです。 まず、タイトルに直接のライバルがない露出さは、そのような意図があっています。

一方、ノイズキャンセリング機能は、前述した業界標準の2モデルと同等の能力を備えていると感じました。

これらの強力なノイズキャンセリングまたはAirPods Proでも好評じっとキャプチャモードを選択しても音質の変化がほとんどありません。 これはApple H1プロセッサを2個搭載する演算能力の余裕もあるようです。

静かな部屋にもノイズキャンセリングを選択することが、より高い静的感が得られており、音楽を楽しむことができる環境になったことです。

AppleのHomePodどんなところにも自動的に周辺の音響特性をモニターしながら音を調整していきますがAirPods Maxは耳の形、メガネの有無、髪型の違いによる微妙なフィッティング折々の装着状態などの違いを吸収し、また、周囲の環境騒音を吸収した後、音楽だけ高い純度で聞かせます。

もちろん移動と交通手段での騒音を軽減させることを目的の一つであるが、非常に精度の高いものとして視聴環境の平滑化もこのうまく機能していると思います。 最も適応等化しても、ノイズキャンセリング機能も元のデジタル伝送なので、アクセスね。

ソニーヘッドホンのために自分のQN1するプロセッサを開発・搭載していますが、Appleも、独自の半導体を設計するチームを持っています。 自分の強力なDSPとソフトウェアは、コンピュータ販売店のApple自身の分野でオーディオ製品の問題を解決したり、経験の質を高める、その最初のステップとして、現在提供することができる最も上位製品として開発されたものAirPods Max。 これが最終的な私の印象です。

毎日持ち歩き使用または世界中の飛行機で飛んで仕事を(はしばらくは難しいでしょう)そのような方法は、よりポータブル気にせず使用できる、より安価な製品がお勧めです。

しかし、すべての製品は、ワイヤレスになっている中で、快適に音楽を楽しむ(iPhone / iPadと一緒に、Apple TVアプリを使用すると、ビデオのための音声も感動的に良い経験を得ることができます)高級ヘッドホン。 今までありそうでなかっジャンルを開拓しようとしたのは、自分のジャンルで商品力を強化する勝負の土俵を変えることができると考えたからではないでしょうか。

深みのある低音とクセがなくゆったりして透明感のある高域

AirPods Max

音の傾向は前の記事でお伝えしたように、非常に中立的である。 情熱なし肌寒いわけでもなく、音楽が本質的に備え表現をそのまま伝えてくれます。

特に低音の解像度は高くコシのサウンドは、現代的なシンセを使った音楽制作との相性が良いと感じました。 同時に自然な伸びやかな高域は歪みを非常に低いレベルに抑え込まれていますので、よくある高調波歪みによるマスキング効果を感じません。

クセが乗らないので、高域が弱いと感じる人がいるかもしれないが、実は上まできれいに育っています。 音像も鮮明で濁りのないクリアな音です。

これは、組織が少ない室内楽そうです。 後述するが、例えば、3つの楽器だけで演奏されているクラシックなど各楽器の鳴り方やホール軽快な反響が微細な領域まで感じられます。

実は入って混雑いく音質がますます良くなっており、特に低域の再現力が高まっていくことを感じます。 バーンイン(エージングとも呼ばれ)による音質の変化は、いくつかのヘッドフォンもあるが、AirPods Maxの変化はそれほど大きくありません。

しかし、緩やかが変化していくので、本来の音質になるまでに数日の評価の結論を待つことをお勧め。

今回の評価に向けた歌をApple Musicプレイリストに公開していますので、まずはそちらを参照してみてください。

AirPods Max評価用プレイリスト(Apple Music)

以下、その中から選択して聴取ポイントとAirPods Maxの特徴を把握しやすい部分を紹介しています。

Bon Iver「さようなら、お母さん」

耳ドライバの場所の近くに、左右のチャンネルのクロストーク(混合物)を原則としていないヘッドホンで聴くと非常に多くの音が半円球状音場全体を包むように感じられます。 オーバーイヤー型ヘッドホン特有の没入感をしっかりと楽しむことができます。

Billie Eilish「デート」

深みのある低音の音色は、一般的なイヤホンで聞けば、硬質単調な音に聞こえます。 40mmクラスドライバを搭載するノイズキャンセリングヘッドホンでもやはり再現性は低い。 しかしAirPods Max聞く深い表情豊かな低音であることが感じられます。 単調なくベース音の高さに応じて表情が異なります。 そしてオン・マイクロ録音されたドライなボーカルの表情は生き生きと多重されたコーラスが見事に融合しやすい音に混じって、後半にかけて拡散に沿っていきます。

Chris Thile、Yo Yo Ma、Edgar Meyer「Trio Sonata No. 6 in G Major、BWV 530:I. Vivace」

左からマンドリン、チェロ、バイオリンと一緒に演奏しますが、それぞれの音とその周囲に漂う音、ホールトンが交わって快適例を満たしています。 歪みが大きいか、あるいはデジタル領域での処理でエコーが発生したりすると、この情報は、マスク楽濃密な音楽の海が薄くなるが、まるでコンサートホールにいるかのように包まれたします。

Kacey Musgraves「Slow Burn」

上向きに突き抜けていくように軽快なボーカルは、付帯音が全く付け加えずきれいな状態の耳に到着します。 全く刺激的な要素がないボーカルがそのまま透過的に再現されるので、実に耳気持ちがいい。 胴鳴りもしっかり再現されたアコースティックギターは弦の一つ一つが分離されています。

Leopard Stokowski RCA Victor Symphony Orchestra「Hungarian Rhapsody No. 2 in C-Sharp Minor」

100人規模の大型オーケストラ特有の壮大な音をこのサイズのヘッドホンで再現することは素晴らしい。 コントラバスの地を這う声でクラリネットソロまでの広いダイナミックレンジを破綻なく表現してさらに分離が非常に良いです。

Sergio Mendes「The Look of love(feat。Fergie)」

スタンダード曲のLook of loveをサンバアレンジファーギーが歌った曲。 とてつもなく低いシンセが左から右に貫通編曲はマスタリングスタジオで聞いたときびっくりしたが、なかなかその再現することができるシステムではない。 本来の低音が左右の定位感がある程度再現することができたに驚き、快適に散りばめられたアフィトの再現性も素晴らしい。

今までのAirPodsとは異なる本格的な音作りに共鳴している場合

AirPods Max

さて、そういうわけで、数日間使用してきて、AirPods Pro備えるデジタル製品への容易さ、iPhone Proシリーズに通じる素材と繊細なディテール操作感などの条件(Digital Crownを回すと、右イヤーカップからかすかに「チリチリ」とリューズの音が聞こえ)などApple特有の繊細な作り込み要素が散りばめられていると思いましたが、それだけにはこの製品の価格を正当化することはできないでしょう。

有線接続も視野に入れると、オプションLightning端子に接続ケーブルが必要であり、バッテリー交換の必要性なども視野に入れると、AppleCareに加入を検討したいところ。 そうなれば、7万円以上の支出され、デジタル機器に支払う金額は、過度のだと思うのは当然です。

AirPods Max

しかし、Appleが狙っているのは、どうやらブランドを作るようです。

音質にこだわったノイズキャンセリングヘッドホンというジャンルはありそうでなかっ分野です。 もちろん、ソニー、ゼンハイザー、AKGボスも音質にこだわっていないわけではない、機動性とコスト、性能のバランスを取りながら、主に旅行などを切り口に進化しました。

しかし、本製品は、一旦携帯用途も見込んでいますが、無線デジタル製品でありながら、オーディオ製品としての品質より深くノッチ音楽の再現性を高めることに注力していると感じます。

高級ヘッドホンが高級ヘッドホンに成立オンは一度購入すれば長く使える(イヤーパッドとケーブルの交換等は必要であるが)という安心感や安定感がありこと。 音質という価値は変化しません。 だから数十万円のヘッドフォンが成立することができるのです。

Appleは、そこに直接踏み込むのではなく、そのような嗜好品にヘッドフォンをデジタル領域で開拓しようとしているのかもしれません。

Apple AirPods Max(Amazon)

READ  ファンはPCゲームにDenuvoを中断するように要求して、開発者は、同意して「パフォーマンスへの影響」を非難します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close