AirTrunkがシドニーに新しいグローバル本社を公開プレスリリース| アジア

Estimated read time 1 min read

アジア太平洋および日本(APJ)ハイパースケールデータセンターの専門家、 エアトランク今日、オーストラリアのシドニーに新しいグローバル本社(HQ)を公式にオープンし、最高の人材、革新、地域成長のための本拠地を提供すると発表しました。

2015年にオーストラリアで設立されたAirTrunkは、この地域の超大型データセンターを開拓し、現在7つの都市と5つの市場にわたって11のデータセンターで構成されるプラットフォームを拡大しています。 ポートフォリオ全体にわたって総容量が1.4ギガワット(GW)を超える同社は、中国を除くこの地域最大のデータセンター企業です。

AirTrunkの創設者でありCEOであるRobin Khudaは、次のように述べています。「シドニーに私たちの新しいグローバル本社が入るのは適切です。 これは、AirTrunkが設立されてから10年以上経っていない場所であり、私たちのポートフォリオの単一都市の中で最大の総容量を占める3つのキャンパスがあり、ほとんどの従業員が居住しています。 我々は、APJ地域全体でAirTrunkの急速な拡大を可能にするAirTrunkersの成長チームを収容するために、シンガポールおよび日本の地域本社と共にこの新しい本社を設立しました。

AirTrunkは、従業員のための最高の経験を生み出すために最善を尽くしており、シンガポール、日本、オーストラリアでGreat Place To Work®認定を受け、Top 10 Best Workplaces™にも含まれています。

Khudaは次のように付け加えました。 「AirTrunkの職場は、活気に満ちた環境が人々の感情に影響を与え、その結果、彼らの経験、参加、生産性にプラスの影響を与えることを知っているので、常に従業員価値提案の重要な部分でした。 私たちの新しいグローバル本社は、AirTrunkersが常に新しいレベルに到達し、業界最高の人材のための抽選カードになるようにインスピレーションを与えます。

本社は、AirTrunk チームの変化する要件を満たすために社員協議を通じて開発されました。 その結果、柔軟性、コラボレーション、社会的つながり、コミュニティ意識を促進する目的地が生まれました。 また、従業員の福祉を強化し、健康、生産性、建築環境の間の重要なリンクを作成するために、プラチナレベルのWELLS認証を取得するように設計されています。

技術は、3つの層をすべて接続する3層の高さのデジタル壁を介してワークショップ全体にシームレスに統合されています。 最先端のワークステーション世界中の同僚や利害関係者とつながる直感的な発表者中心の会議を備えた没入型会議室。

同社の強力なESGの約束に基づいて、AirTrunkはリサイクル木材、地元で調達されたオーストラリアの木材、および石造りの音響パネルを使用するための5つ星のGreen Starと4.5 NABERSの評価を達成するために、目標の建物から本社全体に持続可能性を統合しました。 リサイクルプラスチック、エネルギー効率の高い照明ソリューション、屋内植物を使用しています。

AirTrunkは、以前のオフィス施設や家具の一部を寄付し、以前のオフィススペースを新しいシドニーハブとして買収したStarlight Children's Foundationに技術的なインストールサポートを提供しました。 AirTrunkのサポートは、Starlightが病気の子供たちに最も必要なときに、喜び、楽しさ、笑い、幸福を伝え続けるのを助けます。 家具の再使用は、無駄を最小限に抑え、循環性を促進します。

AirTrunkのグローバル本社はグローバル建築スタジオで設計され、 ウッズバゴ オーストラリア建設会社の設備及び設備 AWエドワーズ

READ  日本経済| 国と世界のニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours