AISTとIBMが日本の量子技術産業化を促進するためのMOU締結

1 min read
AISTとIBMが日本の量子技術産業化を促進するためのMOU締結

日本の 国立産業技術総合研究所(AIST) そして IBM 2024年5月10日、日本の量子技術産業化を促進するための了解覚書(MOU)を締結しました。 今回の協力は、次世代の量子コンピュータを共同開発し、サプライチェーンを強化することで、日本の量子コンピュータ部品および機器産業を強化することです。 IBMは、日本産業を将来の量子コンピューティングシステムコンポーネント調達プロセスに統合し、AISTと協力してサプライヤーの開発を促進する計画です。

によると 未確認のメディア報道コラボレーションには、2029年までに10,000キュービットマシンの開発が含まれます。 どちらの会社もまだ正式に発表されていませんが、そのスケジュールは、IBMが12月の量子ロードマップアップデートで示したIBM Starlingシステム導入計画と一致しています。

両組織は、様々な産業分野で量子コンピューティングの実用化を促進することで、日本の量子部門内の成長を促進し、ビジネス価値の創出に焦点を当てた強力な生態系を育成することを目指しています。

AISTは、ウェブサイトにこの新しい協力に関するニュース発表(日本語)を投稿しました。 ここ

2024年6月18日

READ  Google、Android用YouTube Goアプリを停止 - 最高の人生
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours