スポーツ

Ajeetesh Sandhuは69打を記録し、日本で11位に上がった。

インドのAjeetesh Sandhuは、ここで開かれたアジア太平洋オープンゴルフチャンピオンシップダイヤモンドカップで2連続69打を打ち、2アンダーパー208打で共同11位に上がりました。

日本のチャレンジツアーで優勝する必要があるSandhuは、18のグリーンのうち12のグリーンと14のフェアウェイのうち9つを発見するなど安定していたが、ラウンドを通過するには29のパットが必要でした。

5回に一見を続けて11番と15番ホールにバディを差し込み、残りは無難なラウンドに成功した。

日本の大西海人(Kaito Onishi)が先頭を守ったが、同胞の桂川由藤(67)、常松龍子(66)、ニュージーランド・ベン・キャンベル(66)がその後に続いた。

2ラウンド首位の大西はオアライゴルフクラブで1オーバーパー71打で7アンダーパー7アンダーパーで1日を締め切り、ホール人員を記録した時松とキャンベルはすべて66打を、桂川が66打を記録した。 67.

日本の今平修後(69)と稲森由紀(70)は、JGTO(アジアツアージャパンゴルフツアー)共同主管大会で1打遅れた。

大西は今やっと1年のプロ生活をしていますが、JGTOの初優勝を目の前にしています。

6つのバディと2つのビューで構成されたキャンベルの共同最低ラウンドは、2018年のニュージーランドPGAチャンピオンシップの成功とともに、2番目のプロ優勝を獲得するための位置に置かれました。

注目すべき選手は今シーズンJGTOマネーリスト1位と2位を記録し、現在先頭を走っている勝浦川です。

Tokimatsuは2016年から2018年までJGTOで3回優勝した最前方ランナーの中で最も経験があり、4回目の追加試みは160ヤードで8個のアイアンを打ったパー34でエースの助けをたくさん受けました。 。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  Ange Postecoglouが新しいCelticマネージャーで確認

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close