スポーツ

Amanda Chidesterが米国チームと一緒に日本に到着し、ミシガン州の最初のオリンピックソフトボール選手になることです。

このプログラムの歴史上初めてミシガンソフトボールチームは、以前の選手の一人のオリンピックに出場する姿を見ることになるでしょう。 Amanda Chidesterは、米国チームのソフトボール選手の一つでした。 日本に到着する 月曜日、オリンピックソフトボールのチームを構成した第二の選手となり、2000年に米国のチームを作った現在のミシガン州助手のコーチであるJennifer Brundageとオリンピックソフトボールのチームを構成する第二の選手がいます。

シカゴベンディチュと2019年のナショナルプロファーストピッチ今年の選手賞を受賞した値デスからはミシガン州を卒業した後、2012年に米国代表チームに初めて合流したが、ソフトボールは、2012年または2016年のオリンピック種目ではなかった2024年のゲームに出てくるです。 これChidesterがオリンピック金メダルを獲得することができる唯一の機会になることを意味しています。

しかし、その後、ChidesterとTeam USAに強力な機会になるでしょう。 これまで米国のチームの22試合でChidesterは打席.365、長打率.730、6本塁打と5のダブルを記録している。 米国は、日本2位と比較して2年以上1位を占めており、米国では4つのオリンピックのうち3つの試合で金メダルを獲得しました。

米国のソフトボールは7月20日、イタリアとのオリンピックを開始します。 日程は次のとおりです。

  • イタリアの大| 7月20日ET午後11時
  • 大カナダ| 7月21日午後8時
  • 対メキシコ| 7月24日午前1時30分
  • オーストラリアの| 7月24日午後9時
  • 大日本| 7月25日午後9時
  • ブロンズ:7月27日午前12時
  • 金:7月27日午前7時

ミシガン州でChidesterはミシガン州の歴史の中で最も偉大なキャリアの一つであった。 Allen Park(Mich。)Chidesterは通算.355を記録し231個の通算試合で248安打、200打点、157個の得点を記録した後、四季を通じて開始しました。 打席と守備での彼女の努力でChidesterは1軍All-Big Ten 3回、1軍All-American 1回2011年には、Big Tenの ‘s今年の選手賞は、2011年と2012年の両方に選ばれた。 今日も5人のミシガン州の選手だけBig Ten Player of the Yearを複数回受賞しました。

チームとしてウルヴァリンは値デスからのラインナップの中広く成功しました。 2009年から12年までのミシガン州は191-43年に進出して4つのBig Tenタイトルをすべて獲得し、3つの区域のタイトルを獲得し、2009年に全国で5位を獲得した。

ミシガンでのキャリアが終わった後、ChidesterはNPFドラフトで全体11位ドラフトされた。 彼女の最高のシーズンは、数年後に打席で打率.374、15本塁打、35打点を記録した。 彼女はその年のホームランでリーグを導き 長打率(.814)、打率打率でリーグ首位で.004を獲得した。 彼女の努力のために、彼女は Home Run Championタイトル、Offensive Player of the Yearと2019 NPF Player of the Year賞。

国際選手としてChidesterは、2012年と2015年ソフトボールワールドカップ、2013年Mayor」s Cup、2016年WBSC Women」s World Championshipと2017年Pan American Championshipで金メダルを獲得しました。

今31歳の子供は、自分のコレクションに追加するには、オリンピック金に行くことです。

READ  日本の投資スターが東芝取締役会の紛争に巻き込まれた方法

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close