技術

AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

2020年10月29日、AMDは、独自のオンラインイベントで「Radeon DNA 2」(RDNA 2)に基づいて、リアルタイムレイトレーシングする次世代GPU “Radeon RX 6000」シリーズ製品として、「Radeon RX 6900 XT“と”Radeon RX 6800 XT“と”Radeon RX 6800」を発表した。

Radeon RX 6900 XT搭載カードをリリースするAMDのCEOであるリサができさん
画像集#005サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

Radeon RX 6900 XTを搭載したグラフィックスカードは、12月8日、Radeon RX 6800 XTとRadeon RX 6800搭載カードは11月18日に発売予定でメーカー想定販売価格は順番に999ドル(約10万4200円)649ドル(約6万7700円)579ドル(約6万400円)となっている。

画像集#002サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

「Big Navi」とも呼ばれRadeon RX 6000シリーズは、前世代のRadeon RX 5000シリーズに比べGPUコアの性能で約50%の増加を実現したという。

画像集#011サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

特に性能面で重要なこの「Infinity Cache」と称するキャッシュメモリサブシステムメモリインターフェイス256bitのGDDR6メモリとInfinity Cacheの組み合わせが384bitのGDDR6メモリよりもメモリバス帯域幅で2.17倍に相当する性能を発揮するAMDは自社の利点を強調している。

画像集#012サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

ところで、各GPUの仕様について簡単に発表された。 まず、Radeon RX 6900 XTは、80個のCompute Unitを搭載してGame Clockは2015MHz、最大動作クロックであるBoost Clockは2250MHzに達し容量16GBのGDDR6メモリを採用する。 グラフィックスカード全体の消費電力は最大300Wとする。

画像集#006サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

Radeon RX 6900 XTは4K解像度で “のGeForce RTX 3090“に負けない性能を発揮するAMDは主張している。
しかし、測定条件は、CPUにRyzen 5000シリーズを組み合わせて「Smart Access Memory」と称する、AMDの独自技術を利用できるようにした後、新たなオーバークロック動作機能「Rage Mode」を使用した環境であり、もの。その点では、 Radeon RX 6000シリーズに非常に有利な条件で測定した結果があるようだ。

画像集#007サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

一方、Radeon RX 6800 XTはCompute Unit数72基とRadeon RX 6900 XTから少し減っているが、動作クロックとGDDR6メモリを16GB搭載する点は、カード全体の消費電力300Wは同じだ。

画像集#003サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

Radeon RX 6800 XTは競争になる」のGeForce RTX 3080「と比較すると4Kの解像度と2560×1440ドットで似ていたり、少し上回る性能を発揮するために、消費電力は300Wと競合よりも若干低い値であること。

画像集#008サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売
画像集#009サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

最後Radeon RX 6800はCompute Unit数が60個でGame Clockは1815MHz、最大動作クロックは2105MHz、グラフィックスメモリは、上位モデルと同じGDDR6容量16GBを搭載しており、全体のカードの消費電力は250Wということだ。

画像集#010サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

Radeon RX 6800もRyzen 5000シリーズを組み合わせた環境で競争に位置付け」GeForce RTX 2080 Ti“を4K解像度上回る性能を発揮できるとしている。

画像集#013サムネイル/ AMD、レイトレ対応次世代GPU「Radeon RX 6000」シリーズを正式発表した。第1弾の「Radeon RX 6800 XT」は、11月18日発売

とにかくも、AMDの主張通りなら、最終的にGeForceの上位クラスと互角に戦うことができ、パフォーマンスを持って、リアルタイムレイトレーシングをサポートするRadeonシリーズの登場であるわけであり、実際のゲームでは実力が期待されるGPUと言えるだろう。

READ  文書に集中できる美しいガジェット:E inkの使用」煩悩無料 "ワードプロセッサ" Freewrite Traveler」|ギズモード・ジャパン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close