Amp Energy、日本のSMBC銀行、ICG、AIIBから2億5000万ドルの資金を確保

Estimated read time 1 min read

エネルギー変換プラットフォームであるAmp Energy Indiaは、SMBC Bank of Japan(住友三井銀行)、Intermediate Capital Group、Asia Infrastructure Investment Bankから最大2億5000万ドル(約Rs 2,061 crore)を獲得しました。

声明によると、ニューデリーに本社を置くAmp Energy Indiaは、インドの17州にわたって合計2.7GW以上のポートフォリオを保有しており、会社の成長に2億5000万ドルの資金を活用すると述べた。

Amp Energy Indiaは、製薬、自動車、セメント、スチール、重工業インフラ、FMCG、教育機関、ITおよびデータセンター、ユーティリティ、政府機関など、10のさまざまな分野の主要顧客に再生可能エネルギー変換ソリューションを提供します。

Amp Energy Indiaの創設者兼CEOであるPinaki Bhattacharyyaは、「今回のラウンドを通じて、私たちは国内最高のエネルギー変換プラットフォームになる道を進んでいます」と述べました。

SMBCのアジア株式グループのインフラチーム長であるRohit Nandaは、Amp Indiaは2018年の初期投資以来、驚くべき回復力を見せ、大流行期間にも印象的な成長を達成したと述べた。

SMBCは日本東京に本社を置く日本の多国籍銀行・金融サービス機関です。

グローバル代替資産運用会社ICGのアジア太平洋インフラ責任者Devarshi Das氏は、「ICGのアジア太平洋インフラへの最初の投資でAmp Indiaとのパートナーシップを発表することができてとても嬉しいです」と述べました。

多国間開発金融機関AIIB一般インフラ投資部長(地域1)Rajat Misraは、「これは再生可能IPPに対するAIIBの最初の直接持分投資です。事業計画に拍車をかけています。」

READ  「病気に横たわっている」娘を殺そうとした日本の女性逮捕
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours