経済

ANA、日本企業で初めて現場の予防接種を開始

全日本空輸(All Nippon Airways Co.)は、日曜日、東京羽田空港の従業員のためのCOVID-19の予防接種プログラムを開始して、元のスケジュールを1週間以上繰り上げ職場の予防接種を提供することで知られている日本初の企業となりました。

日本政府は、日本が日COVID-19の予防接種率を加速して若者に適格性を拡大すると見られるに基づいて6月21日から、企業と大学が現場でCOVID-19の予防接種を実施することができるようにする計画を今月初めに発表しました。

主要航空会社の親会社であるANA Holdings Inc.は、最初は6月21日に現場の予防接種を開始しようとしましたが、政府と協力して計画を推進しました。 日本航空は、月曜日から東京空港から接種を開始する予定である。

日本の予防接種は、医療従事者を対象に、2月に開始され、4月には65歳以上に拡大したが、東京オリンピックが始まって40日しかされず、他の先進国に比べ、予防接種率が低い。

まず、ANAは、主に、国際路線に勤務するパイロットと乗務員を中心に約10,000人の従業員を予防接種するために集中すると発表した。

51歳のANAパイロットであるTakuy​​a Ebataは「もう安心して国際線に搭乗することができます。」と言いました。 「しかし、私は継続して予防措置を取って、私の境界を解かない計画です。」

ANAは、空港クリニック横の会議室で、約50人のパイロットと乗務員にワクチンを接種しました。 段階的に数を増やして、6月21日から一日に約300人を接種する計画だ。

ANAは、約46,500人の従業員がこのプログラムに参加する資格があり、8月末に10,000人の優先順位の従業員に対して2回の予防接種を完了すると予想しています。

JALはまた、国際航空乗務員をはじめとCOVID-19ショットを提供して、最終的にグループ会社の合計36,000人の従業員に提供する予定です。

国の遅い予防接種のリリースへの批判​​に直面した政府は、新たな現場プログラムが全国の地方自治団体が主導する既存の努力を補完することを希望します。

金曜日の午後5時現在、政府は、1,821個の場所から約970万人を接種するための企業や大学の申請書を提出した。 米国バイオテクノロジー企業Moderna Inc.が開発した2回接種ワクチンが使用されています。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ソニーの賢明な照明、多機能照明が非常に進化! 様々な機能をより簡単に使える【そこが知りたい家電の新技術】 - 家電Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close