技術

AngesとEigerが協力して日本でZokinvyを配布

Angesが署名しました。 合意 Eiger BiopharmaceuticalsのZokinvy(lonafarnib)が日本でハッチンソン-ギルフォードゾロ症症候群(HGPSまたはゾロ症)および加工欠乏ゾロ症後宮症(PL)を治療するための規制承認、商業化および供給のため。

病気の調節剤であるZokinvyは、核膜との緊密なリンクを形成する間違ったファルネシル化タンパク質の蓄積を妨げます。

これらの接続は、ゾロ症および治療不全PLを有する子供および若い成人において細胞不安定性および早期老化を引き起こす。

EigerはMerck(MSD)からlonafarnibに対する独占的なグローバル権利を獲得しました。

最新の取引に基づき、Angesは日本当局からZokinvyの規制承認を取得し維持するよう努めます。

同社はまた、治療法の供給とマーケティングのための排他的なパートナーとして機能します。

また、AngesはEigerに最大150万ドルを前払いし、マイルストーンを支払い、製品の販売収益も受け取ります。

Anges 社長兼CEO Ei Yamadaは次のように語った。

続いて「昨年設立されたアンジェス臨床研究所(ACRL)で新生児遺伝病診断検査開発の一環として、規制承認手続きとともにHGPS診断検査開始の準備を継続的に推進するだろう」と話した。

2020年11月、ZokinvyはHGPSによる死亡リスクを下げ、治療不足PLを治療するために米国で承認されました。

Zokinvyは、ゾロ症のある子供と若い成人で統計的に有意な生存の恩恵を提供しました。

また、ゾロ症患者の死亡率を60%低下させ、平均生存期間を少なくとも2.5年延長することが示されています。

関連会社

READ  ホンダ、レベル4の自律走行技術テスト中

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close