Anime、Auteurs、および「Godzilla」が推進する日本のTohoが2023年に大々的なカムバックを準備します。

Estimated read time 1 min read

長い 日本の映画産業リーダー、 東方 2023年には、休止期に続き、筋肉質の新しい流通スレートで自分自身を再び主張する準備ができています。

確かな理由の一つは、アニメの巨匠と ボックスオフィス宮崎駿 2013年「風が吹くなら」以後初の映画を出す。 「あなたはどのように生きていますか?」 同じ英語タイトルの1937年、吉野健三郎小説に触発され、 この映画は7月14日に日本で公開が確定し、東宝が配給しました。

バラエティでもっと見る

ストーリーやリリースの規模などの詳細はまだ不足していますが、ファンは81歳の宮崎の白鳥の歌が何であるかを見るために劇場でいっぱいになると予想されます。

また、1954年に本田石郎の名作「ゴジラ」公開を記念するため、東宝は日本初のゴジラ公開と同じ日である11月3日シリーズの次期作を出す予定だ。 監督であり、ファンタジー、ファンタジーの専門家である山崎高志に加えて、東方は新しい映画についてはほとんど公開していないが、2016年の「Shin Godzilla」がボックスオフィスで最高250億円(1億8600万ドル)を記録したことを考える。時)、実績期待値が高い。

また、2023年夏を鉛筆で描いたラインナップには、全国時代(紀元前475年から221年)の間、中国を背景にしたヒット期間アクションシリーズの3番目の作品「Kingdom 3」がありますが、いずれも日本人出演陣が登場します。 。 Hara Hirahisaの漫画に基づいてアクションエキスパートSato Shinsukeが監督した最初の2つの映画は、7月の公開以来、2番目の映画が51億円(3,800万ドル)を稼ぐ大ヒットでした。

また、「名探偵コナン」、「ドラえもん」、「ちゃんぐは止められない」アニメシリーズの新作が2023年のラインナップに含まれ、すべて今年のボックスオフィストップ10に有力な候補です。

ゴレエダヒロカザ監督の新作「モンスター」 Gagaが共同配布する6月2日の弓に設定されます。。 この映画はテレビヒット作家の坂本由紀の脚本に基づいており、彼のプロデューサーは新海誠のアニメスマッシュを含む川村健樹です。 2022年韓国映画「ブローカー」と2019年フランス映画「真実」で国内興行に失敗したゴレエダ監督は、2018年日本で製作した「ちょっと泥棒たち」の興行を再開する準備ができたと見られる。 10億ドル(3,400万ドル)で、その年の日本映画では4番目に高い総額を記録しました。

ゴジラフランチャイズと金メッキアニメシリーズで日本のボックスオフィスを席巻していた東宝は、着実に人気を集めた「ドラえもん」子どもシリーズから新海誠と宮崎駿の最新ブロックバスターに至るまで、比較的静かな一年を過ごしました。 滅時もあった。 東方シネマチェーンの反独占調査

ファンデミックにより2年間結装したハリウッド映画は5月27日公開以来135億円(1億ドル)を稼いだ「トップガン:マーベリック」を筆頭に日本トップ10に再び入りました。 そして今年最高収益を上げた映画は187億円(1億3800万ドル)でライバルToeiが配給したアニメ「ワンピースフィルムレッド」です。

今年、東宝の最大の作品はアニメミステリー「名探偵コナン:ハロウィンの花嫁」で、2022年の日本3位映画で97億円(7,150万ドル)の収益を上げました。

毎年1位を楽しんだベヘモスには少し慰めになります。 2020年アニメ大作「Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba – The Movie: Mugen Train」は404億円(2億9,800万ドル)で日本歴代興行記録を立てました。 そして2021年、東宝は東映、カラと共同発売した「新エヴァンゲリオン」で再び1位を占めた。

最高の多様性

参加 バラエティニュースレター。 最新のニュースを見るにはフォローしてください。 FacebookTwitterそして インスタグラム

記事全体を読むにはここをクリックしてください。

READ  Seiya Suzukiの圧倒的な秋はCarpのポストシーズンの希望を維持します。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours