トップニュース

Aon、日本の気候リスク管理のためにICEEYEと協力

Aon plcは、衛星および継続的なモニタリングの専門家であるICEEYEと協力して、保険会社に日本の深刻な洪水後の洪水リスクデータを提供し、ボラティリティを減らし、ポートフォリオに対する事象後の影響をよりよく理解するのに役立ちます。

日本気象庁(JMA)によると、日本は毎年平均3回の台風上陸と数回の洪水を経験しています。

2018年と2019年に日本は日本史上最大の5大風水で保険損失のうち3件を経験し、保険会社は2年間で300億ドル以上の請求を解決しました。

衛星ソリューションは、ICEYEのSynthetic-Aperture Radar(SAR)データとAonの特許技術を使用して生成されたAonのデジタルビルディングデータセットを組み合わせて、洪水事件の潜在的な結果に関するほぼリアルタイムの洞察を提供します。

これにより、保険会社は水がピークに達した後24時間以内にポートフォリオに対する洪水の潜在的な影響を評価することができ、より速い応答時間で保険会社の予約および請求処理プロセスが向上します。

Aonの日本の再保険ソリューションCEOであるRupert Mooreは、次のように述べています。

「ICEYEとの協力は、顧客がこの種のボラティリティを探索する際に、日本の洪水事件に対する対応の堅牢性と正確性を改善することを支援することを目指しています。

「ICEYEの技術とAonの建物データベースの組み合わせは、より多くの情報と洞察力で国の洪水後の潜在的な請求をよりよく処理するためのユニークで革新的な方法を提供します。」

ICEYEのCEO、Rafal Modrzewskiは次のように述べています。

「ICEYEとAonとの協力は、顧客が戦略的価値を提供するイノベーションを活用できるように支援するための継続的な努力を示しています。

「私たちは一緒に保険業界の効率性と顧客サービスの段階的な変化につながる一種のデジタルイノベーションを可能にしています。」

印刷可能、PDF、メール
READ  UPDATE 2-日本の消費者価格が下落を延長して、携帯電話料金が削減されます。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close