経済

APインタビュー:日本長官は女性を「過小評価した」と話した。

日本の性平等・児童問題担当長官は、日本の記録的な低出産・急激化人口を国家危機と呼び、男性が支配する日本議会の「無関心と無知」を放置の原因として指摘した。

野田聖子は、AP通信との広範なインタビューで、日本で生まれた子供たちの数が着実に減っており、実存的な脅威になるだろうと述べた。 昨年、新生児数は81万人で、第二次世界大戦終戦直後の270万人から減少したと彼女は語った。

「人々は子供たちを国宝と呼びます。 …彼らは女性が性平等にとって重要であると言います。 しかし彼らはただ話しているだけです。 「(子供と女性の問題)可視化されない限り、日本の政治は動かないでしょう。」

彼女は日本の低出産、持続的なジェンダー偏見、人口減少の原因は多様だが「国会にありながら特に無関心と無知があると感じる」と話した。

日本は世界3位の経済大国であり、強力な民主主義国家であり、米国の主要同盟国ですが、政府は子供、女性、少数者のための社会を作るために苦労しています。 日本が低出産に寄与した男性優越主義の根深い歴史と呼ぶことを日本がどのように戻すかについて、国内外で深い懸念があります。

日本の男女格差は世界最悪だ。 2022年、世界経済フォーラム(World Economic Forum)で146カ国を対象に実施したアンケート調査で116位を占めました。 この調査では、女性のための教育、健康、その他の機会だけでなく、経済と政治への参加に基づく平等への進展を測定しました。

東京大学フェミニスト研究教授の中子上野氏は、日本の性格のギャップに言及し、「他の国がより早く変化するため、日本は遅れています」と語った。 「過去政府は問題を無視してきた」

野田氏は、家族の問題を取り巻く昔ながらの社会的・法的制度により、結婚や子どもを持つことをますます憎む若い世代が増え、低出産や人口の減少に寄与していると述べた。 彼女は1993年から議会に在職し、日本初の女性首相になるという抱負を明らかにしました。

Nodaは、結婚したカップルに1つの姓を選択させる方法(性の変更の90%は女性)を求める方法が世界で唯一の法であると批判しました。

20人で構成された内閣でたった2人の女性のうちの1人である野田は「日本で女性は様々な面で過小評価されている」と話した。 「私は女性が男性と同等の位置にいることを望むだけです。 しかし、私たちはまだそこにいません、そして女性のさらなる発展はまだ待たなければなりません。

野田議員は日本議会の90%以上が「月経をせず、妊娠しない、母乳育児ができない人々」と話した。

女性代表性の欠如はしばしば「女性のない民主主義」と呼ばれる。

クォーター制は女性公職候補者の数を増やすのに役立つかもしれませんが、男性議員は女性が能力であると判断されるべきだと彼女の提案を批判しました。

それで候補者として能力が不足している男たちがいると思われた」と話した。 しかし、候補選定の過程で「男性はただ男性であり、男性ということ自体が能力だと思う」と話した。

野田は東京のソフィア大学を卒業し、東京の名門インペリアルホテルで勤務した後、岐阜県の国会議員だったおじいさんの後に続いて政界に入門しました。

Nodaは不妊治療を受けてから50歳で障害のある最初の子供を産みました。 彼女は同性結婚と性的多様性の受け入れを支持します。

多くの自由主義支持者がいる野田は、従前以来ほとんど中断なく日本を統治してきた保守的自民党で自らを「危機種」と呼んだ。

彼女は自分が政党の保守主義者たちはもちろん、自分を真のフェミニストとして見ない女性人権運動家たちにもしばしば「貪られる」と話した。

それにもかかわらず、党内の有力な男性議員の助けがなければ、彼女はここまで来ることができなかっただろうと、毎日新聞の佐藤千子子は最近の記事で言った。

佐藤は野田と彼女の極度に保守的で詐欺的な女性ライバルである高一真奈恵(9月当たり指導部経線でみんな落選した)を比較しながら政治的見解は違うが、ある」と話した。 女性が完全な人間とは思えない時期に自民党に進出したのだ」と批判した。

彼女は、日本の自衛隊が若い人口減少のために十分な病歴を確保するのに苦労していると述べた。 彼女はまた、減少する数字は、若い新兵に頼る警察と消防士にとって何を意味するのかについて十分な注意を払わなかったと言いました。

問題を解決するために、彼女は来年発足する子供専用の政府機関を新たに作りました。

野田は近年、若い男性政治家が性的平等にさらに開放的になってきた。

しかし、彼女は多くの男性議員が家族、性別、人口に関する問題は自分自身とは関係がないと考えて関与することを消極的だと言いました。

彼女は「政策はまるで女性や子供がいないかのように作られた」と話した。

READ  ナショナルチャンバーウェビナー:「日本とのビジネス」を

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close