エンターテインメント

AP写真:日本は桜のピークを楽しんでいますが、パーティーはありません。 健康

TOKYO(AP) – 人々は2年ぶりにCOVID-19制限なしで日本の桜のピークを祝っています。 しかし、多くの人々が伝統的なパーティースタイルで酒を飲んで食べるのではなく、木の下を歩いています。

今週、日本の多くの地域で木々が満開です。 日本の気象庁によると、日曜日に東京で頂点を撮影し、感染症のために2年間、国の伝統に参加することを避けていた多くの人々を引き付けました。

多くの地域では、視聴者は、継続的なウイルス対策の一環として、季節を祝う伝統的な方法である飲み会のために木の下に集まらないように求められています。

代々木公園と上野公園では、人々が座ってパーティーをするのを防ぐためにゾーンをロープで結んでいます。 多くの公園には、アルコールパーティーを禁止する標識があります。

皇居の北西にある桜の名所「はなみ」で有名な地図里ヶ淵公園で、何千人もの人々が木が並んでいる木の下を歩くか、宮殿の堀の漕ぎ船に乗って歩きながら送られた年ピンクの花を鑑賞しました。

桜や「さくら」は日本で一番好きな花で、通常3月末から4月上旬に絶頂に達します。 この時、日本は新学年と事業年の始まりを祝います。

東京都心の新宿御苑では、家族をはじめとする多くの人が木の下でピクニックを楽しんだ。 中目黒の人気の花見エリアは、桜が並ぶ川沿いを散歩する人で賑わっています。

日本は感染が鈍化した後、先週すべての公式のCOVID-19制限を解除しましたが、専門家は春休み中に人々が集まって旅行するのを促した復活の懸念を提起しました。

著作権2022 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、再作成、再配布することはできません。

READ  日本は毎週カラオケセッションがコロナウイルスを拡散することにより、注意を必要とします。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close