技術

Appleその奇跡の項目part 2レザースリーブfor iPhone 12シリーズをしようと

Appleは、iPhone 12シリーズで復活した磁石でピタッする標準的な「MagSafe」、その製品を、いくつかの自分の発表していますが、中には誰も予想できなかった奇妙な項目がありました。 そのうちの一つは、なんといってもこちらになります。

カードケースiPhoneの背面にピタッとつけられる「革財布」の4色であり、各6800円(税別)
そして、もう一つは、古代ウェットスーツのような、ここ「レザースリーブ」の各サイズに各4色であり、価格は1万4800円(税別)

関連: iPhone 12シリーズ対応のレザースリーブが購入可能

写真はMax用の色はパールティックブルー。さらに、ピンクシトラスサドルブラウン(PRODUCT)REDの4色があります
背面カメラ部分がモッコリしています

内部にMagSafe磁石が固定されていると同時にNFCの本体を認識する構造です。 スルッと落ちたりする心配はありません。

色のループバンドと一緒に
ハンドルに固定構造
手を通過輪を作ってから、スリーブ本体に挿入します
こんな感じ
正しく留まっています
iPhone本体は裸の状態で挿入します
ケースに入れた状態でスリーブに含まれていません。厚いので、薄い場合も困難になります
時計の色は、スリーブの色に依存します。しばらく経つと消えますが、窓の部分を押すと、表示されます
一部の電話通知にも対応しています

MagSafe対応製品との互換性があります。

充電だけでなく、革の財布を付けることができ

カードも収納できます。

スリーブ自体にカード収納スペースがあります
ここでは、1〜2枚程度だろうか。革財布と一緒に5枚程度通う感じです

Appleは、スリーブケース好きで、MacBookとiPad用に出していたので、あまり無茶なアイテムもないかもしれないが、iPhone X以降純正手帳型ケースが出ていたので、まさかこんなになるとは思いませんでした。 どうか装着したまま使用することができないので、iPhoneを裸に使用したい人は、持ち歩きに使用する感じでしょうか

スピーカー部分が空いているので、携帯電話やSiriの音声は聞こえますが、装着したまま使用に制限があります

事例としては高価ですが、ヨーロッパの革を使用して非常に上品な質感であり、Appleのファンは収集するのが良いと思います。

関連: やっと出てきたApple純正MagSafeデュアル充電パッド実機レビュー

READ  ブルリジュコンを控えBurning Crusade Classic流出

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close