技術

AppleのMac用セキュリティチップ「T2」脱獄ツールが対応、Touch Bar侵入が可能 – GIGAZINE



Apple製品の脱獄ツールである “checkra1n「このバージョン0.11.0 betaからMac用のセキュリティチップである「T2」に搭載された「bridgeOS「刑務所に対応しました。これにより、Touch BarへのSSHアクセスが可能です。

ハッカー脱獄-BridgeOSで駆動されるAppleのT2セキュリティチップ – サイバー犯罪申告
https://reportcybercrime.com/hackers-jailbreak-apples-t2-security-chip-powered-by-bridgeos/

T2チップは、2020年以降にリリースされたすべてのMacに内蔵されており、SSDの暗号化とセキュリティブート、またマイク盗聴を物理的に不可能にする機能などを提供しています。

T2チップを搭載したMacBookは、「史上最強」のマイク盗聴防止装置を備えることが判明 – GIGAZINE


しかし、T2チップの暗号化とセキュリティの起動を担当する「Secure Enclave」プロセッサは、すでに修正不可能な脆弱性が発見されており、理論的には、暗号化されたデータの抽出が可能である。 T2チップのセキュリティはチョルビョクヌン言えない状況でした。

Apple端末のセキュリティを担当する「Secure Enclave」チップにパッチ回復することはできない脆弱性が発見さ – GIGAZINE


今回checkra1nによる脱獄が可能になったのは、macOSとは別にされたTシリーズチップ専用OSである「bridgeOS」から抜け出すによってT2チップのブートプロセスに介入したり、Touch Barに侵入することができます。 checkra1n開発に参加しているqwertyoruiop氏は、2020年3月にTouch BarへのSSH接続をしている様子をTwitterに公開します。


また、脱獄されたデバイスで、さまざまなツールの動作基盤となっている「Cydia Substrate」がbridgeOSをサポートすれば、今後Touch Barの脱獄ツールが提供される可能性もあるということ。 最新checkra1nは、次のURLからダウンロードすることができます。

checkra1n
https://checkra.in/

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  USPSの契約を失った後、Workhorse株式の急落

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close