Appleは、新しいM2 iPad Airをダウングレードし、10コアではなく9コアGPUを搭載すると発表した。

1 min read

Appleは技術仕様を静かに更新しました。 M2 iPadエア、先月初めて発売されました。 もともとiPad AirのM2チップは10コアGPUを搭載したと宣伝したが、今は同社は9コアGPUを搭載すると明らかにした。

Appleはこれらの変更について全く詳しく説明していません。 代わりに、それは単に 技術仕様ページを更新しました。 新しいM2 iPad Airは、欠けているGPUコアを反映しています。 アーカイブデータによると、過去10日以内に変更されたようです。

それだけ プレスリリースオリジナル M2 iPad Airのリリースにはまだ10コアGPUが搭載されていると言います。 これはまだ更新されていません。 サポートページ。 Appleは米国以外の国ではまだ技術仕様ページを更新していません。

これはさまざまな理由で奇妙な変化です。 これはApple内部で電線が交差したことを示唆しているようで、一部の人々は新しいM2 iPad Airが実際には9コアGPUを使用しているが、10コアGPUを搭載したと信じていた。 また、変更がまだAppleのウェブサイトのどこにも反映されていないことも気になります。

特に、これはAppleが9コアGPUを搭載したすべての機器にM2チップを販売した最初のケ​​ースでもあります。 たとえば、M2 MacBook Airは8コアと10コアのGPUバリアントで利用できます。 これは、iPadエアに搭載されたM2チップが10コアバージョンのビニングバージョンであることを示唆する。

現実的に、ほとんどのM2 iPad Airユーザーは9コアGPUと10コアGPUの違いを感じません。 しかし、ここで正確に何が起こったのかについてAppleからの説明を聞くことはまだ良いでしょう。

ありがとう、マイケル・バークハート!


新しいiPad Airを購入する

11インチ:

13インチ:

FTC: 私達は収入を作成する自動アフィリエイトリンクを使用します。 もっと。

READ  富士通、日本でハードウェア事業専門会社を設立:富士通グローバル
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours