技術

Apple 自己修復サービス 火曜日から MacBook に拡張

Appleはセルフサービスの修理をMacノートブックに拡張します。

りんご

りんご 一部のラップトップを含むようにセルフサービス修理プログラムを拡張しています。 つまり、一部の修理は直接行うことができます。

MacBook AirとMacBook Proの両方を含むM1チップを搭載したMacBookモデルのユーザーは、8月23日火曜日から認証部品を注文し、修理マニュアルを確認し、そのデバイスを修理するために必要なツールをレンタルまたは購入できると会社が言った。 声明から 月曜日。

Appleは、顧客がトラックパッド、バッテリー付きのトップケース、ディスプレイなどの修理を含む12以上の修理を自分で行うことができると述べました。 後で追加の修理オプションが追加されます。

今年初め、AppleはiPhone 12、iPhone SE、iPhone 13モデルのセルフサービス修理プログラムを開始しました。 プログラムに特定のMacBookを追加することは、独自のサービス修理をすべての製品に拡張する企業計画の一部です。

Appleは、このプログラムはヨーロッパを始め、他の国々に拡大し、今年の終わりに他のMacBookモデルを含めると述べた。

お客様が自分のデバイスを修理することを許可することにしたAppleの決定は、「修理する権利」運動が消費者に製品に対するより多くの制御権を与える必要があるという米国の規制当局に圧力をかけたことです。

顧客が直接購入したくない場合は、Appleから送料無料で49ドルでツールを1週間借りることができます。 場合によっては、お客様は、リサイクルのために交換された部品を返品したことについてクレジットを受け取ることがあります。

プログラムを始めたにもかかわらず、Appleはブログ記事で本物のApple部品を持って認定技術者を訪問することは、「電子機器の修理経験のない大多数の顧客」に依然として「最も安全で信頼できる修理方法」と述べました。 」

READ  日本の35°の熱のためにTeam GBを準備したハイテクチャンバー

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close