APSA候補:Kamila Andiniの「Before Now and then」リード

2 min read

Kamila Andiniの「Before Now and then」(別名「Nana」)は、最優秀映画賞と最優秀監督賞を含む4部門で受賞し、アジア太平洋スクリーン賞の候補に上がった。

共産主義の宿庁から脱出したある神社の記憶に関するこの映画は、3本の映画でそれぞれ3部門候補に上がりました。 カザフスタンのDarezhan Omirbayevの「詩人」(別名「Akyn」)。 キルギスタンのAktan Arym Kubatの「これが私が覚えているもの」(別名「Esimde」)。 そしてフィリピン監督Lav Diazの「The Waves Are Gone」(「Kapag Wala Nang Mga Alon」)。

APSAは、アジア太平洋で定義された78の国と地域で映画の卓越性の栄誉を追求し、ネットを投げました。 賞は2022年11月11日オーストラリアゴールドコーストのHOTAで開催される授賞式で授与されます。

作品賞候補は「ビポ、今、その時」、「詩人」、デイビーチュ監督の「リターン・トゥ・ソウル」、「これが私が覚えているもの」、「波が消えたら」だ。

映画、脚本撮影、パフォーマンス、監督の受賞者は、次の審査員によって決定されます。 エジプトのシナリオ作家でありプロデューサーであるMohamed Hefzy。 インドのプロデューサーGunete Monga; トルコとドイツの俳優、監督、プロデューサーNuman Acar)。 有名なオーストラリアの映画メーカーSophie Hyde; そしてスリランカ監督Vimukthi Jayasundara。 国際審査委員団は審査委員の対象も授与します。

2つの特別賞があります。 Tearepa Kahiが監督し、ユネスコのスポンサーとして文化多様性賞を受賞したニュージーランドのオスカー賞候補 Muru。 パキスタンのオスカー賞候補である「Joyland」でデビュー長編デビュー作であるSaim Sadiqは、Network for the Promotion of Asia Pacific Cinema(アジア太平洋地域)の豊かな新進才能を認めるGriffith Film Schoolと協力してYoung Cinema Awardを受賞しました。 。

第15回アジア太平洋映画賞候補

最高の映画


「Before、Now & then」(別名「Nana」)(インドネシア)dir。 カミラ・アンディニ

「詩人」(別名「アキン」)(カザフスタン) dir。 ダレザン・オミルバエフ
「Return to Seoul」(別名「Retour a Seoul」)(カンボジア、カタール、フランス、ベルギー、ドイツ)dir。 デイビーチュー
「This Is What I Remember」(別名「Esimde」)(キルギスタン、日本、オランダ、フランス)dir。 アクタンアリムクバット
「When The Waves Are Gone」(別名「Kapag Wala Nang Mga Alon」)(フィリピン、フランス、デンマーク、ポルトガル)dir。 ラブディアス。

最高の青少年映画

「アラーム」(パレスチナ、サウジアラビア、カタール、フランス、チュニジア)dir。 ピラスクリ
「Farha」(ヨルダン、パレスチナ、サウジアラビア、スウェーデン) dir. ダリンJサラーム
「Hanging Gardens」(別名「Janain mualaqa」)(イラク、エジプト、レバノン、パレスチナ、サウジアラビア、イギリス)dir。 アーメド・ヤシン・アル・ダラジ
「ジャギ」(インド) dir. アンモールシード
「Sweet As」(オーストラリア) dir. ジュブクレク。

最高のアニメ映画


「オーロラの日の出」(アルメニア、ドイツ、リトアニア)
「Dounia and the Princess of Aleppo」(別名「Dounia et la princess d’Alep」)(カナダ)
「こんにちは、ドングリーズ!」 (別名「ガッバイ、ドングリズ!」)日本
「銀鳥と虹の魚」(「アメリカ、オランダ」)
「To the Bright Side」(別名「Xiang zhe ming liang na fang」)中国

最高のドキュメンタリー映画

「All That Breathes」(インド、アメリカ、イギリス)
「ブルーアイランド」(香港、日本)
霧の子供たち(ベトナム)
「Delikado」(フィリピン、オーストラリア、香港、USUK)
「Woodgirls – 夢のためのデュエット」(イラン、チェコ共和国)

ベストディレクター


「Before, Now & then」(「ナナ」)のカミラ・アンディニ
「オマージュ」(別名「オマージュ」)の新水源(韓国)
「リターン・トゥ・ソウル」のデビチュー
「The Stranger」(別名「Al Garib」)のAmeer Fakher Eldin(パレスチナ、シリア、カタール、ドイツ)
波が消えたらLav Diaz

最高のシナリオ

「自叙伝」のためのMakbul Mubarak(インドネシア、シンガポール、フィリピン、カタール、フランス、ポーランド、ドイツ)
Vahid Jalilvand for “Beyond the Wall”(別名 “Shab, Dkheli, Divar”)(イラン)
パク・チャンウク、チョン・ソギョン – 「脱退決心」(別名「虚質決心」)(韓国)
Darezhan Omirbayev for “詩人”(別名”Akyn”)(カザフスタン)
Aktan Arym Kubat、Dalmira Tilepbergenovaの「This Is What I Remember」(別名「Esimde」)(キルギスタン、日本、オランダ、フランス)。

最高の撮影


「Before, Now & then」のバタラ・ゴンパル
Lv Songye for “One and Four”(別名”Yige he Sige”)(中国)
「詩人」のボリス・トロシェフ
「Snow and Bear」のFlorent Herry(別名「Kar ve Ay?」)(トルコ、ドイツ、セルビア)
「異邦人」のニクラス・リンシャウ

最高のパフォーマンス

「Before、Now & then」のためのハッピーサルマ
「壁越し」のナビッド・モハマド・ジャデ
オマジュイ・ジョンウン
Aktan Arym Kubatの「This Is What I Remember」
波が消えたらジョン・ロイド・クルーズ

ユネスコスポンサーの下で文化多様性賞

Muru(ニュージーランド)dir。 テアレパカヒ。

NETPACとGFSとのパートナーシップを通じてYoung Cinema Awardを受賞しました。


「Joyland」のSaim Sadiq(パキスタン)

READ  米国スティーブソン、遅れ得点、レスリング金
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours