スポーツ

Arazu Izumiは、日本の2022年ワールドカップの成功を称賛しました。 インドは今後のショーピース大会で行くと信じています。

2022年12月5日、午後5時29分にISTに初公開

2022 FIFAワールドカップで、一部のアジアチームが注目を集めるのを見ることは、他のすべてのアジア諸国へのインスピレーションの兆候として解釈される可能性があり、インドも変わりません。 格差はますます減り、ワールドカップの準備はすでに始まっている。

日本に根ざした元インドサッカー選手のArata Izumiは、現在Reliance Foundation Young Champs(RYFC)でU19サッカーのチーフコーチであり、日本の16強進出につながった草の根努力を目撃しました。

さらに読む: Luis Enriqueは、日本の衝突中にワールドカップ2022の終了直前にスペインを認識していないと衝撃的に認めています。

「日本の場合、最終結果を得るための長期的な計画でした。そしてすべての努力と情熱が成果をあげていると思います。その努力は内部だけでなく外部でも行われました。 、時には彼らだけのサッカーを作ろうとします。 泉が言った。

階層の最上位にある強力なリーグは、強力な草の根システムを開発する鍵の一つです。 いずみは、Jリーグが日本でサッカーを大衆化した初期に言及した。 ヒロインディアンスーパーリーグ(ISL)は、インドで同様の傾向を開始しました。 リーグのファンベースのため、Hero ISLは今シーズンで最も見られたリーグの1つになりました。

Izumiは、「Reliance Foundationが6-12歳でMizoram Football Associationと協力して素晴らしい仕事をしていると思います。言いました。

サッカー Arata Izumiは、日本のカタールワールドカップ2022の成功を称賛します。 インドは今後sntのショーピーストーナメントに出場すると信じています。

「私たちの動機は明らかです。私たちは将来、インドのサッカーのレベルを高めることができる選手を排出したいと思います。私たちは正しい方向に進んでいます。を続けたいと思います。ワールドカップでプレーしました」と付け加えた。

また読んでください:ドイツが2022年のワールドカップで脱落した後、Memeフェスティバルは爆発します。 日本の英雄たちに拍手を送ります。

インドサッカーの人気に対するISLの影響力が大きくなることに加えて、FSDLとプレミアリーグの関係は、国の次世代コーチと選手の開発に取り組んできました。 2022-23シーズンには33,000人以上の学生が参加すると予想され、ミゾラムサッカー協会(Mizoram Football Association)とのパートナーシップを通じてサブジュニア選手の全​​体的な開発に集中する予定であるため、RYFCは草の根レベルでルートを設定しています。

いずみはRYFCが全スカウトしており、これらの人材を探すために一生懸命努力しているため、全国どこにも才能ある人材があると確信しています。 RYFCは、ISLと共に全国的に活気のあるサッカー文化を育成し、インドが今後のワールドカップに進出できるようにするための多くのイニシアチブの1つです。

最終更新:2022年12月5日、午後5時29分(IST)

READ  サイモン情報提供(Simon Zebo):アイルランドのウインガーはまだ「素晴らしい選択」とAndy Farrellは言う。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close