理科

Ardernは東京でエコエネルギーとキウイフルーツを記念しています。

ジャシンダ・アーダーン首相は、水素燃料と地熱エネルギープロジェクトが炭素中立国になるための努力で日本とニュージーランドのパートナーシップを強調すると述べた。

ジャシンダ・アダーン首相とデミアン・オーコンナー(Damien O’Connor)の通商部長官が東京で開かれた貿易代表団の初日にジェスフリー・キウイのフルーツイベントに出席しています。
写真: RNZ/クレイグ・マッコロック

一晩、アジア貿易代表団の2番目の橋として東京に上陸したArdernは、トヨタNZのCEO Nareej Lalaと一緒にオークランドに基づいた水素燃料自動車の共有計画を発表しました。

この計画は、8つのニュージーランド企業と協力して燃料電池技術を使用するトヨタミライを特徴としています。

彼女は、日本が輸送や地熱エネルギーなどの分野での排出量を減らすための努力において、ニュージーランドの自然なパートナーだと述べました。

政府はまた、大型貨物トラック用の一連の水素充電ステーションを北島全域に設置するために2000万ドルを費やす予定です。 駅はニュージーランドの会社Hiringaと日本の会社Mitsui&Coによって建設されます。

「ニュージーランドの場合…私たちは競争力があり、グリーン水素を生産する能力があり、それを見つける市場があります」と彼女は言いました。

例えば、シンガポールと日本はクリーンエネルギーに大きな野心を持っています。私たちは地熱を持っており、水素に関する技術を持っています。を成長させる国として、私たちに大きな可能性があります。」

日本のObayashi Corporationは、ニュージーランドの最初の水素生産工場を開くためにTauropaki Trustとも協力していました。

先に東京タワーで彼女とGNS Science CEO Ian Simpsonは日本の地熱技術開発のために都市に新しいGNS事務所開設を祝った。

以前のZespriイベントでは、Ardernは年間キウイフルーツの販売シーズンを開始しながら書道に手を差し伸べました。 彼女は会社のマスコットであるKiwifruit Brothersと一緒に写真に撮られました。

彼女はまた、書道として「キウイフルーツ」という言葉を書き、Damien O’Connor貿易大臣はパブロワを飾りました。

日本は昨年約6億ドルに達するニュージーランドのキウイの巨大な市場です。

彼女は今夜遅く、岸田文夫(日本の首相)と一緒に座る予定です。

Ardernは、このような量子会談は両国間で進行中の会話だと述べました。

「私たちが直面している本当に重要な地域問題について議論するための基盤に触れる機会です…それはその交流の連続であり、私たちは [former Prime Minister Shinzo] 安倍、そして我々はそれが新しいリーダーと一緒に続くことを期待しています。」

READ  「アレシボ天文台 "世界最大の電波望遠鏡が3ヶ月で2回大事故を起こし解体されることに - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close