Ariarne Titmus、Katie Ledecky、Summer McIntosh:誰が世界水泳選手権で400mの誇りを得ましたか?

Estimated read time 1 min read

Ariarne Titmus、Katie Ledecky、Summer McIntoshが日曜日の世界水泳選手権大会で正面対決し、Julian Lindenが世紀のレースを倒す。

星がすべて揃うと、いつも見る価値があります。

今年の世界水泳選手権大会で見ることができる群針道は、すべての試合の中で目立つ試合が一つあります。

日曜日の夜、日本の福岡で開かれる女子400mのフリースタイルがまさにそのレースです。

オーストラリアのAriarne Titmus、アメリカのKatie Ledecky、Summer McIntosh、スポーツを強打したカナダの10代の選手が登場する3者対決は、すでに水泳の前世紀のレースに例えられています。

時期尚早の油注ぎにもかかわらず、2004年のアテネオリンピックでは、レースはIan ThorpeがPieter van den HoogenbandとMichael Phelpsを抜いて、200mのフリースタイルストロークスリラーストロークでより良い結果を得ました。

しかし、今週末に日本で開催されるレースは、スポーツで3つの最大の達成が交差する珍しい交差点を表しているため、はるかに優れています。

レースは君臨するオリンピックチャンピオン(Titmus)、ディフェンディング世界チャンピオン(Ledecky)、現在世界記録保有者(McIntosh)を見せるので、壮大な戦闘のためのすべての要素があります。

来年パリオリンピックの最終戦を控えていますが、過去、現在、未来がすべて1年もならない期間の間、世界記録を保有して公平な競争の場にあるのは今回が初めてです。

レデキが2016年の劉オリンピックで金メダルを取って立てた3分56秒46の世界新記録はほぼ無敵とされています。

それはTitmusが昨年6月にオーストラリアのトライアルで3分56秒40でそれを破ったまででした。 しかし、オーストラリア人が呼吸する前に、McIntoshはより速くなり、3:56.06に時計を止めました。

彼女のスプリットタイムは、彼女の成功の鍵が、彼女の速い5輪ごとに30秒未満に落ちるロケットのように出て行くことを示しています。

Ledeckyは過去5回の世界選手権大会のうち4回を獲得しました。

26歳の選手はペーシングの達人であり、疲労がたまるレース後半に同じストローク速度を維持できる一方、Titmusは最速の仕上げラップを保有しています。

Titmusは「書類では、私はまだオリンピックチャンピオンだと言いたいです」と述べた。

「正直、ケイティ、サマー、私もかなり入っているようです。

「私は弱者の話に参加するのが好きです。 私はあなたがたたくことができる時が大好きです。」

昔ながらのスクレーパーであるターミネーターも正面対決でボードを疾走します。

彼女は2018年以来400メートルのレースで敗れず、10年間遠距離でLedeckyに勝った唯一の女性です。 2019年世界選手権大会と2021年東京オリンピックで再びアメリカ選手を破った。

TitmusはまたMcIntoshに2回勝った。 カナダ人がわずか14歳だった時の東京オリンピックと昨年バーミンガムで開かれたCommonwealth Gamesでも2回勝ちました。

3人組の最年少であるMcIntoshは最も改善されなければなりませんが、22歳のTitmusはプレッシャーがかかったときに自分がその時間を投稿できるかどうか疑問に思い、ビッグレースのノウハウが決定的な要因になると思います。

Titmusは、「Katieが経験したものと私が経験したことを見ると、サマーレーシングよりも多くの経験があるようです」と述べました。

「私はSummerがそのような経験をまだ経験していないようで、大きな負担を抱いて国際舞台でレースをしています。 だから、彼女がどのように行くのを見るのは興味深いでしょう。

「しかし、彼女が一番好きなものに入ると、彼女に小物です」

ジュリアン・リンデンスポーツレポーター
READ  クリストファーノラン、日本で「オッペンハイマー」スクリーンで記事作為授与
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours