技術

ArmバージョンWin 10 x64ベースのアプリケーションの動作速度は、M1 Mac環境に比べて非常に厳しい結果 – Engadget日本版

昨年12月10日ArmのバージョンのWindows 10で、最終的にx64アプリケーション(インテル系CPUの64ビットアプリケーション)が動くプレビュー版が公開されました。 プロセッサ自体は異なるが、同じArmアーキテクチャであるM1チップベースのMacでRosetta 2を介してIntelチップ搭載Mac用の64ビットアプリケーションが動く対応環境が整ったとすることができます。

だから当然気になるのが「ArmバージョンWindows PCで動作するx64アプリケーション」の性能だが、M1ベースのMacに比べて非常に厳しい結果になったと報道されています。

アメリカの伝統技術メディアPCWorldはM1搭載MacBook Airと第1世代のSurface Pro X(SoCにMicrosoft SQ1含む)にx64アプリケーションを移動ベンチマークを測定した。

最近すでにM1ベースのMacの仮想ArmのバージョンのWindowsを入れた環境と、第2世代Surface Pro X(SQ1より高速なSQ2を含む)のベンチマークを比較すると、すなわち、電子のハンディキャップがある状態での対決韓宝高度ますが、結局はM1 Macが圧勝。 そこから、今回の結果もある程度想像がつきましたが、PCWorld作家は「非常に恐ろしい」と所感を語った。

まずGeekbench 5ベンチマークはシングルコアとマルチコアも二倍以上の差が付くように。

Geekbench5

PCWorld

次のMAXONのCinebench(リリース23)。 これは、レンダリングされた2次元画像をレンダリングすることですが、こちらも両者は同じ土俵に立っているとは言えないようです。 何よりも、このバージョンは、Appleのシリコンは、すでに最適化バージョンがあり、約QualcommのチップとSQ1(マイクロソフトとQualcommが共同開発)用に最適化されていない事情は留意する必要があります。

基準

PCWorld

そして動画エンコードツールHandBrakeの結果は次の通りである。 ここでは、M1搭載MacBook Airは、第1世代のSurface Pro Xの約6倍の速度になっています。

基準

PCWorld

また、環境を確認するとM1 MacでRosetta 2は本物であり、現在ArmのバージョンのWindowsからx64エミュレータは開発途中のプレビュー版に過ぎず、その点では、今後MSの努力如何に成長しろがあるとも考えられます。

しかし、それでも、今回の示された性能の違いは圧倒的であり、その差を埋める信じ難い。 Qualcommおよびその他のArm系列のチップメーカーによる奇跡的なCPUの改善またはMSの継続的な改善がない限り、ArmのバージョンのWindowsの将来は難しいように思える – そうPCWorldはコメントしています。

逆に言えば、M1 Macの出現は、QualcommとMSに非常に良い刺激になった可能性があること。 より良いArm構造のチップを搭載したArmのバージョンのWindowsデバイスが登場祈りたいところです。

出典:PCWorld

READ  Windows 10でChromeからログアウトバグを修正。 解決策は? | ライフハッカー[일본 판]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close