エンターテインメント

Arnn学生の地域学校訪問、文化交流イベントによる親睦図記事







Arnn小学校と栗原小学校の学生たちが11月9日、日本キャンプザマ近くの栗原で開かれた文化交流プログラムで一緒に集まりました。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

KURIHARA小学校、日本 – Arnn小学校5年生約60名が文化交流プログラムのために11月9日、キャンプザマの近くに位置する栗原小学校を訪問しました。

栗原の生徒たちはまず、伝統的な「よさこい」のダンスパフォーマンスでArnnの生徒を歓迎しました。 続いてグループに分けて質疑応答時間を持ってお互いを知り合い、数学旅行を行って、一緒に日本の伝統遊びを楽しんだ。




Arnnの学生は地元の学校を訪問し、文化交流イベントを通じて友情を高めます。



栗原小学校生徒が11月9日、日本キャンプ座間の近く、栗原で開かれた文化交流プログラムで中小学生に質問をします。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

栗原の柏木直樹校長は、開会会社では、両校の生徒が異なる言語を使用し、異なる文化で育ち、これらの違いによって時々コミュニケーションが困難になる可能性があると述べた。 しかし、彼はこのような文化交流プログラムが学生がそのような違いを受け入れ、お互いについてもっと学ぶことを奨励する方法で経験に興味を持つ機会になることを願っていると述べた。




Arnnの学生は地元の学校を訪問し、文化交流イベントを通じて友情を高めます。



Arnn小学校と栗原小学校の生徒たちが11月9日、日本キャンプジャマ近くの栗原で開かれた文化交流プログラムで、日本の伝統ゲーム「けんだま」を一緒に行います。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

Arnn 校長 Dr. エドウィン・ムノスは、文化交流プログラムの目的は、アルンの学生が日本の学生の日常の学校生活について学ぶことだと述べた。 Munozは、1月にKuriharaの学生たちがArnnを訪問し、アメリカの学校生活について学び、アメリカのゲームと文化を体験する予定だと語った。




Arnnの学生は地元の学校を訪問し、文化交流イベントを通じて友情を高めます。



Arnn小学校と栗原小学校の生徒たちが11月9日、日本キャンプジャマ近くの栗原で開かれた文化交流プログラムで、日本の伝統ゲーム「けんだま」を一緒に行います。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

Arnnの5年生のAdair Chapmanは、このイベントを通して本当に素晴らしい人たちに会い、彼らと楽しいゲームをすることができたと言いました。

「栗原で人々が何をしているのかを学ぶのは楽しかったです」とAdairは言いました。




Arnnの学生は地元の学校を訪問し、文化交流イベントを通じて友情を高めます。



Arnn小学校5年生と教師たちが11月9日、日本キャンプザマの近くに位置する栗原小学校で文化交流プログラム中に団体写真を撮るためにポーズをとっています。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

Arnnの別の5年生のLevi Swensonは、彼女のグループが彼女をKuriharaツアーに連れて行き、バドミントンに似たゲームをしたと言いました。 Swensonは、プログラムを通じて学校の多くの学生を知ることになったと言いました。

「本当に楽しかったです」 リーバイは言った。 「遊ぶことができる [with them] もう一度。

関連リンク:

米陸軍駐屯地日本ニュース

USAG日本公式ホームページ

READ  「鬼滅の日」の2曲で大人気「LiSA「気候時代の晴れ着姿に「女性の呼吸 "| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close