ARQ Sports、日本で敗れたボクシングの有望株についてまだ楽観的

1 min read




著者: Glendale G. Rosal1日前


ARQ Sports、日本で敗れたボクシングの有望株についてまだ楽観的

Yerroge Gura(左)とRoger Justine Potot(右)。 | 提供写真

フィリピン・セブシー — ARQ ボクシング ステープルは最近日本デビューで揺れた有望株の一人である Yerroge “The Scientific” Gura をしっかりサポートしました。

ARQスポーツのストレングス&コンディショニングトレーナーであるロジャー・ジャスティン・ポートトの声明によると、グラは日本人のアユム・サノと戦ったときに貴重な教訓を得ました。

もっと読む:

ARQのグラ、日本で初の損失吸収

VicellesがKumbati 17のメインでフランシスコに勝った。

ジェシー・ロドリゲス、フアン・エストラダを破ってWBCスーパーフライベルトを獲得

セブのタリサイ出身の倉は6月23日、日本静岡のツインメッセで開かれた世界ボクシング評議会(WBC)青少年世界スーパーフライ級タイトル空席を置いて佐野に全会一致判定で敗れました。

倉は9戦で3KOと1武で初敗北を記録したのに対し、佐野は9戦で4KOと1武で無敗を守りました。

「ARQ Sportsの私たちは、Guraがチャンピオンシップの夢を追うことができるように彼のボクシングのキャリアをサポートし続けることを期待しています」とPototは言いました。

「全会一致で戦いに負けたが、彼は戦闘機として成長するのに役立つ貴重な教訓を得ました。これは限界だ」と彼は言った。

写真家はまた、佐野が自身に「グラを強力な戦闘機」と称賛するメッセージを送った。

グラ以外にもARQ有望主人ブライアン・ジェームズ・ワイルドは7月6日、日本の東京・楽楽園ホールで行われるスバル村田との試合で自身の実力を試す予定だ。


もっと読む…


READ  Adirondackだけができる野球
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours