スポーツ

Asa Andoは、世界でトップ10スラロームで仕上げ

Asa Andoは土曜日アルペンの世界スキー選手権大会女子スラロームで10位を占め、これは世界またはオリンピックで日本選手が最もよく仕上げたものです。

24歳の選手はイタリアのコルティナ塀ペジョで50.45秒の最初の試合を終えた後、8位を記録しました。 52.47秒フィニッシュラインで、彼女は1:42.92の記録で10位を記録した。

2018年冬季オリンピックに出場した安藤は「嬉しい衝撃的だ。 「あまりにも早く順番を決めないように注意しました。 最初は比較的落ち着いて走ることができた第二は、思い出すことができません。」

日本のスキー協会によると、日本の女性の前の最高記録は、1972年に札幌オリンピックで岡崎恵美子の13位で、日本のスキー協会によると、世界選手権で二倍にしました。

オーストリアカタリナリーサイエンスベルガーは1:39.50で勝利を収め大会で二番目の金メダルを獲得しました。 スロバキアのPetra Vlhovaが2位を占めています。

前例のない5連続世界スラローム金を探していた米国ミカエラシュプリンが3位を占めています。

安藤は今季ワールドカップで個人最高記録15位を記録し、3回目のワールド出場で同じ順位を狙っていた。

開始リスト24位Andoは、最初のランニングでサクサク回転を見せ、自分の時間を見たときの喜びに空気穴を開けました。

「「絶対にない」と思いました。 私はそれを受け入れることができなかった。」と語った。 Andoは彼女の第二の時にターンで大きくドリフトしたが、彼女の同胞たちが目標に新たなマーカーを捕獲した。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  テニス - 錦織は大阪敗北した後、日本の希望を守ってくれます。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close