Top News

ASCII.jp:照明部品多数のゲーム用PC「G-Master Luminous Z490 RGB」は、RTX 2080 Tiで4Kのゲーム!

常連ベンチマークと気になるゲームパフォーマンスを確認

2020年9月3日13:00に更新

文●宮里圭佑編集●八尋/ ASCII

照明部品をふんだんに使用したサイコ無の “G-Master Luminous Z490 RGB「その外形が注目されがちだが、もちろん、コンピュータとしての性能もしっかりしている。ゲーミングノートパソコンだけあって、ゲームのパフォーマンスが高いインテルのCore iシリーズとNVIDIAのGeForce RTX 20シリーズを採用しているのが特徴である。

標準構成は、8コア/ 16スレッドのCore i7-10700K、GeForce RTX 2070 SUPERを搭載し、フルHD(1920×1080)はもちろんのこと、WQHD(2560×1440ドット)、および4K(3840×2160ドット)が高画質設定通りのゲームを楽しむことができるだけで可能性がある。

 ライトアップ部分を中心に見てきたので、今回が性能面を中心に確認しましょう。 また、テストしたモデルは、標準的な構成で、メモリを32GBにし、映像をGeForce RTX 2080 Tiに変更したモデルとなる。

CPUCore i7-10700K(3.8GHz〜最大5.1GHz)、8コア/ 16スレッド
CPUクーラーCoolerMaster ML120L RGB
グラフィックGeForce RTX 2070 SUPER(テスト機はGeForce RTX 2080 Ti)
メモリ16GB(テスト機は32GB)
ストレージ512GB SSD(M.2接続/ PCIe)
マザーボードASUS ROG SITRIX Z490-Fゲーミング
ケースInWin 303 RGB [強化ガラスサイドパネル] + Polaris RGB 12cmファン×3 + Silverstone LS02 RGBストリップサイコ無元の仕様
発光電源延長ケーブルリアン李ストライマー24PIN / 8PIN
電源SilverStone SST-ST75F-GS V3(750W / 80PLUS Gold)
それほどWindows 10 Home(64ビット)

ゲームの前に、まず定番ベンチでは、CPUの性能検査で

Core i7-10700K最新の第10世代と8コア/ 16スレッドのCPU。 基本クロック3.8GHzという最上位モデルのCore i9-10900Kの3.7GHzよりも高いコア数が多く、よりコア当たりの性能が重視されるゲーム用途において有利になる。

CPUなどの詳細情報を見ることができる「CPU-Z」8コア/ 16スレッドでTDP 125WのCPUであることがわかる

しかし、ターボ・ブースト時最大クロックは5.1GHz停止でCore i9-10900Kの5.3GHzまで到達していない。 しかし、ターボ・ブーストで最大になるのは短時間または相当良い条件にのみので、適当に負荷が長時間続くゲームでは性能差が出るのは少ないだろう。

また、AMDのRyzen登場で、コア数が重視されるようになってきたが、動画編集ソフトなどはともかく、ゲームでは、4〜8スレッド程度の負荷になるのが一般的である。 もちろんコア数が多いほど、CPUに余裕がゲームに影響を与えずプレイ動画の録画配信が可能であるという利点があるが、それでも8コア/ 16スレッドも十分だろう。

これらの点を考慮すると、ゲームPC向けCPUとしてCore i7-10700K非常に優れているとすることができる。

さて、前置きはこのくらいにして、実際にどのよう可能性があるのか​​、定番の「CINEBENCH R20」にチェックしてみよう。 このベンチマークソフトは、CGのレンダリング速度のCPUの性能を把握し、スコアに表示してくれるもの。 マルチスレッド性能を発揮しやすくなるため、CPU本来の性能を比較向いていることになる。

「CINEBENCH R20」の結果。 マルチスレッドでは、4689ptsシングルでは500ptsというスコアになった

スコアだけ見られても、性能が知っている人は少ないと思いますので、過去のデータから、いくつかの比較を取り出してみよう。

まず、第9世代Core i7-9700K。 このスコアは、シングル499ptsとほぼ変わらないが、マルチ3753ptsと大きく異なる。 10世代のCore i7は8コア/ 16スレッドだが、9世代は8コア/ 8スレッドなので、ハイパースレッディングをサポートしているだけの性能が大幅に向上している。

もう一つは、ライバルとなるAMDのRyzen 7 3800XT。 このCPUは、8コア、16スレッドという点はCorei7-10700Kと同じだが、基本的なクロックが3.9GHz。 また、最大クロックは4.7GHzとなっている。

結果は、マルチが5087ptsシングルが537ptsされ、Core i7-10700Kをすべて上回るものとなっていた。 簡単なCPUの性能は、AMDの差をつけてしまっているが、多コア化で遅れをとっているインテルのCPUとしては意外に食らいついているという印象だ。

グラフィックス性能は定評のベンチ
解像度を変えて性能の変化をチェック

続いて本名ともいえるグラフィックス性能を見てみよう。

使用されたのは、定番ベンチマークソフトである「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク “比較的重いテストになるだろうが、今回のテストしているG-Master Luminous Z490 RGB構成は、ゲーム、コンピュータにハイスペック。 だから解像度をフルHD、WQHD、4K変えていったときどのようスコアが変わることを確認しました。

「HWiNFO」でCPUとGPUの詳細を表示したところ。 テスト機のGPUは「GeForce RTX 2080 Ti」を搭載

また、解像度以外の設定は、画質は「高品質」の画面は、「全画面表示」にしている。 結果を見てみよう。

フルHDの実行結果は、スコアが13568での評価が「非常に快適」文句なしに遊ぶことができる環境であることを知ることができる

WQHDの実行結果は、スコアが10490での評価が「非常に快適」フルHDよりも評価は落ちますが、特に困難で

4Kでの実行結果は、スコアが6205で評価が「快適」のシーンに応じて変動することがあるかもしれないが、十分に遊ぶことができるの

負荷が高いベンチマークテストとなるが、4Kでも「快適な」という評価があった。 少しのフレームレートの差が致命的になるFPSのようなゲームの場合は4Kでも高画質で問題なくノルマンハン性能がある。

また、実際のゲームでも性能を見てみよう。 試みはオープンワールドアクションアドベンチャーFPS「Far Cry New Dawn」の解像度フルHD、WQHD、4Kに変え、そのときのフレームレートの変化を見てみよう。また、画質は「最高」としている。

高解像度4Kディスプレイでも最小FPSが60を超えており、快適に遊べる確認できた

結果は非常に良好で、4Kでも最小FPSが快適に動作の基準となる60フレーム以上であり、重量を気にすることなく遊ぶレベルである。

最大フレームレートを見ると、さすがに4Kは100を切ってしまった。 144Hzなどの高リフレッシュレートのゲーム画面を使用する場合、WQHD以下の環境を選択することがよさそうだ。

スペック以外外形を備えたい人

ゲームが快適なPC上でライトアップを備えていたい人におすすめ

単に性能だけ求めるG-Master Luminous Z490 RGBよりコスパに優れたBTO PCはたくさんありますが、見た目のデザイン、そして、自分自身を定義して楽しむライトアップ機能があるのは、コンピュータ自体に興味がある人にとって重要なポイントだ。

ライトアップ部分だけに注目してしまいがちだが、ケース内部が広いているので、部品換装・増設に伴う将来のアップグレードにも優れているのも見逃せない部分である。 このほか、水冷クーラーの標準採用、多数のケースファンによる冷却重視などの構成部品本来の性能を引き出してくれる重要な部分である。 ライトアップ部分を無視しても、ゲームのコンピュータに魅力的な一つとなっている。

少し普通の機械とは一味違う、コンピュータが必要な快適ゲーム用PCをしたいと思うなら、信頼できる代替になってくれるだろう。

READ  メッシュ網C破格の提案も - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close